トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

肩こり

 最近、ますます肩こりがひどくなって来ました。コンピューターに向かう時間が増えたためでしょう。特に右が辛い、固まってそのうち肩甲骨の内側が引きつってくるような、だるい痛みがきて、首も痛くなり案の定頭痛というフルコース、、、こうなると気力が萎えてきます。

 実は以前からかなりの腰痛もちで、立ち仕事をしていた当時はひどいと歩くのも辛いなんてこともしばしばだったんですが、今はたまに出るぐらい、随分よくなってきました。

 何故かと言うと、一年半ほど前に強い味方が登場、鍼灸、指圧、カイロに中周波電気治療を駆使する先生に出会い、あれ程苦労してた腰痛をじっくり直してくれました。それまでいろいろな先生に診ていただいたんですが、なかなか頑固な腰痛でちっともいう事を聞かない、いつものように困っていたところ、母に紹介されたのが今の先生でした。

 年が近いせいか、妙にウマが合って通うのが楽しくなり、先生も「あれ、ココが、おや、ソコも」なんてピンポイントで痛いところを突いてきて、いろいろな治療をしながら、終いには精巧な骨格模型で、「ここがこうなってるから、悪さしてるのは多分ここで、そうすると、こうなって、ああなって、、、」と、この説明が何だか面白い。なんてやってるうちに、10年以上苦労してた腰痛を8ヶ月ぐらいであまり気にならなくしてくれました。感謝、感謝です。

 っで、今は先生と肩こりフルコースと格闘中、あまり痛いとは言わないようにしてるんですが、痛いものは痛い! 内心ヒーヒー言ってます。

 本日の一枚はBOB RIGTER「LOVE YOU MADLY」、いいんですコレ!あるジャズ輸Bob_rigter 入卸し業の方に薦められて、聴いたらもう虜!ミドル~スローのじっくりした味わい深い逸品、テナーの歌心がたまりませんよ!お店ではあまり見かけなくなりました、入荷難しいのかもしれませんね。MOONKSの文庫に1987年の「TOUCHING YOU」という作品が紹介されてますが、CD化されませんかねぇ、是非聴いてみたいです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レコ屋さん巡り

 久しぶりに横浜のCDショップを巡ってきました。

 まずは、ユニオンさんで4枚。

 MANUEL ROCHEMAN「TROPIC CITY」があったのに驚き!規格番号が違うので最Manuel_rocheman 近本人が再プレスしたようですね、聴いてみたかった、うれしー!

 FREDDIE REDD「IN SWEDEN」なんて知らないぞ、オリジナル曲がすばらFreddie_redd しいピアニストですからねぇ、これも楽しみです。

 良い作品を連発しているALAN BARNESの新作はトランペットのBRUCEBruce_adamsalan_barnes  ADAMSと組んでる、キャノンボールの「SPONTANEOUS COMBUSTION」がタイトルですか、人体自然発火、なんか熱そうだ!

 MICHAEL GARRICK「MOONSCAPE」は1964年の作品、幻という言葉に弱い!Michael_garrick_4 前に 買ったGARRICKのアルバムも幻と言われていたような、、、

 今度はHMVさんでROSARIO GIULIANI「ANYTHING ELSE」を購入、Rosario_giuliani FLAVIO BOLTRODADO MORONIの参加に期待大!その他、SJ誌とMOONKSの文庫も買ってしまいました。

 ジョイナスの新星堂は残念ながら定休日、っとここで時間切れ。

 短い時間でしたが、やっぱりレコ屋さん巡りは楽しいです。出会いがありますよね、なんだコレって買ってみて当った時の嬉しさ、快感です!たとえハズレてもそれはそれ、今はダメでもいずれ好きになったりすることもありますからね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

主夫はなかなか忙しい

 実は、あまりぼんやりしている時間がないですね。朝のゴミ出しから始まって、掃除、洗濯、天気が好ければフトンを干して、なんやかややってるうちに夕飯何にするか考えて買い物に行って、洗濯を取り込み、たたんで、しまって、働いてカミサンの帰るタイミングを計ってオフロ入れたり、夕飯作り出したり、、、

 勿論、全部を毎日と言うわけではないですし、かなり手伝ってもらえるので、全く苦ではありませんが、一日がアッという間に終わってしまいます、しかも結構気分も充実。毎日ウチを綺麗にしてるのでカミサンには随分喜ばれてますし、、、これは主夫が向いてるということでしょうか。

 小気味良いトランペットを聴かせてくれるオランダのプレイヤー、GERALD KLEIJNGerard_kleijn 「BIG MOVES」、スマートにスウィングしてて気持ち良い作品です。スタンダードとオリジナルがいい感じに選曲されて、約60分間、まるまる楽しめます。私の大好きなFAY CLAASSENが4曲ゲストで歌ってて、最後の9曲目が、演奏と共にビシッと引き締まる感じ、かっこいいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マリナーズのこと

 イチローがマリナーズでプレイするようになってから7年間、メジャーリーグを観戦するのがとても楽しい。今年は久々に強いですね、チームの雰囲気も監督が変わってから、さらに良くなって、マルティネス、ブーン、オルルドがすごかった2001年を思い出させてくれます。

 密かに応援しているのがライトのギーエン、いつもコワオモテでニヤリとするのはホームランを打った時ぐらい、ちょっと近寄り難い雰囲気ですが、勝つことに貪欲な、闘志のあるヤツという印象で、シーズン初めから注目してました。かなりのトラブルメイカーらしいですが、プレイには手を抜かない良い選手、私は番長と勝手に呼んでます。

 CURTIS FULLERJazz...It's Magic!」、久々に聴いてます。ホッとImage0002_3 一息つかせてくれるリラックスした演奏、トロンボーンが温かいですね、う~ん、ジャズの 醍醐味!18分32秒のスローメドレーの二曲目はやはりすばらしいです。そう言えば、94年以来多分CD出てないですよね、輸入盤も見かけない。どうして出さないんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

はじめまして、ジャズカバです。

この度、長年勤めた会社を退社いたしまして、新しい仕事を探しつつ、主夫をやることとなりました。すぐに働ければ良いのですが、我がまま者なので、そうそう簡単には仕事に就けないだろうと思い、また、ボーっとするのも辛い。

で、思い立ったのがブログ、コンピューターはからっきしダメなんですが、以前、知り合いに「ジャズのブログをやったら、、、」と言われたことを思い出し、挑戦することと相成りました。毎回一枚ずつでも好きな作品のことが書けたらいいなぁ、なんて思ってます。

記念すべき最初のアルバムはTHE ALAN BROADBENT TRIOPersonal Standards。何といっても曲が全ていいですね。心にしっとり、寛いだ趣きがたまりま せん。初めて一曲目を聴いた時はあまりのメロディの良さにびっくり、こんなのがあるのかと、とても感動してしまいました。出て間もない頃に買ったので、‘97年でしょうか、ちょうど最近のジャズも聴いてみたいと思った時期で、この作品のおかげで随分ピアノの世界が広がりました。今でも旅行に行くときに連れて行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2007年9月 »