« JOHN COLTRANE THE 1961 HELSINKI CONCERT | トップページ | FRANCO AMBROSETTI「A JAZZ PORTRAIT OF FRANCO AMBROSETTI FEATURING GIORGIO AZZOLINI」 »

GIL CUPPINI  WHAT'S NEW?

 おっと、いかんいかん、毎日を充実させよう、何かやらなきゃとつい入れ込んで、自分を追い込んでしまう。失業中はどうもこの辺の気持ちのコントロールが難しいです。気持ちが乗らないなら無理をしない、スカッとするアクション映画を観たり、本を読んだり、ジャズ三昧したり、散歩もいいですね。それでもダメならもう何もしないと決めて一日ゆったりする。メリハリを付ける様にすればいいんですが、まだソワソワ焦る時があります。何だか大学受験で一年浪人してた頃にとても似てますな、あの時も辛かったけど反面、楽しかったことも結構あった。予備校の後、必ずレコ屋さんに行って何かないか物色してましたね、当時はジャズじゃなくコテコテのハードロック&ヘヴィメタル・ファン、まぁよく聴いた、JUDAS PRIEST、METALLICAは新譜が出れば今でも買います。音楽はいつでも大きな支えです。

 昨日とは打って変わって肌寒いですね、蝉もさすがに今日は厳しかろう。この天気、やはりどうかしてる。体調には気をつけよう。

 今日はイタリアものばかり聞いてます。でもって再発して欲しい一枚、GILGil_cuppini_whats_new  CUPPINI 「WHAT'S NEW?」。これは仙台で我が師匠から「いつか無くなっちゃうぞ~、買える時に買っとけよ~。」と半ば脅されて、(その時師匠は仙台のレコード店でジャズ担当だった、10年ぐらい前だったか、あれだけヨーロッパ物がゴッソリある店は行ったことがなかったので、結局50枚ぐらい買って帰ってきた。)師の教えなら間違い無しと買った作品。「ジョルジュ・グルンツいるだろ?いいんだぞ~!」でた、知らないと思ってからかってるな、ええ、ええ、よく知りませんよ、買っちゃいますよ、こうなりゃヤケクソだ!、、、で、今だに愛聴盤、ありがたや、、、

 ハードバップの真髄、スタートのVINNIE'S COMPONENTSから渋い!ハードボイルドな雰囲気が堪りません、バルネ・ウィランのテナーはグッと力強く煙ってくるようだ、ダスコ・ゴイコヴィッチはミュートがすばらしい!リズム隊の気持ちいいこと、特にベースがサイコー!ピアノ・トリオで演奏されるBLUE DANIELの麗しさにホッとします。ヨーロッパのヨの字も知らなかった私がこんなのがあるのかと驚かされた、多分最初の作品です!

 

|
|

« JOHN COLTRANE THE 1961 HELSINKI CONCERT | トップページ | FRANCO AMBROSETTI「A JAZZ PORTRAIT OF FRANCO AMBROSETTI FEATURING GIORGIO AZZOLINI」 »

DRUMS」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。是非、買って聞いてみようと思います。ちなみに、meditationsとafrica/brassも買ってみる価値はありますか?あとコルトレーンつながりということで、mccoy tynerとelvin jonesのソロでお薦めがありましたら教えて下さい!!よろしくお願いします!!
僕はイタリアジャズと言ったら、basso valdambrini周辺のCDしか買っていないのですが、師匠はbasso聞かれたりしましたか?あと買おうか迷ってるイタリア産のCDがあるのですが、ピアノトリオの81年の作品でgruppo jazz marcaの「comunicazione sonora」という作品は面白いですか?

投稿: kibe | 2007年9月29日 (土) 20時00分

 kibeさん
 すみません、「MEDITATIONS」持ってませんでした、「AFRRICA/BRASS」は是非聴いてみてください、ひょっとしたら、大きな編成の演奏にも興味がもてるかも知れません。
 TYNERはソロで演奏してる「ECHOES OF A FRIEND」なんてどうでしょう?COLTRANE QUARTETの名曲入ってます。ELVINはBN盤「LIVE AT THE LIGHTHOUSE」がパワフルでいいんですが、探すの難しいかもしれません。「DEAR JOHN C.」は好きですが、どうかなぁ、、、最近で最も気に入ったのはSTEFANO DI BATTISTA の「STEFANO DI BATTISTA」でのELVINの演奏ですかね。
 GRUPPOも持ってないですが、凄く興味あります、前何かで紹介されてて気になってたのに忘れてました。もし聴いたら感想をお願いします。
 BASSO=VALDANBRINIは大好きです。今日実は「EXCITING 6」聴きまくってました。NAVARRAとDONNA LUがお気に入りです!最近のBASSOもFABRIZIO BOSSO競演ものも含めると随分あります。

投稿: ジャズカバ | 2007年9月30日 (日) 00時13分

いつも親切にコメントして頂き本当にありがとうございます。今日さっそく横浜のレコ屋を全部回ったのですが、coltraneもtynerもelvin、stefanoもどこにもありませんでした。あさって都内に行くので新宿~渋谷と一日かけてレコ屋巡りしようと思ってます。やっぱりBASSO=VALDANBRINIには最高ですよね!!僕も先週待ちに待った「EXCITING 6」を買ったんですがまだ封を開けてません。ほかにもeero koivistoinenのこの前再発した「odysseus」、「for children 」も買ってはあるのですが、同じ状況です。コルトレーンから離れられたら師匠にもっとたくさん聞きたい事が増えると思いますがその時はまたお願いします!!

投稿: kibe | 2007年9月30日 (日) 17時53分

 Kibeさん
 いえ、こちらこそ、毎回見ていただけて有難いです!
 LIGHTHOUSE以外はそんなに探すの難しくないはずなんですが、ツイてないですね、(何だか今日はコレばかり言ってる気がする、、、)新宿~渋谷ならきっと大丈夫でしょう!

投稿: ジャズカバ | 2007年10月 1日 (月) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/8154686

この記事へのトラックバック一覧です: GIL CUPPINI  WHAT'S NEW?:

« JOHN COLTRANE THE 1961 HELSINKI CONCERT | トップページ | FRANCO AMBROSETTI「A JAZZ PORTRAIT OF FRANCO AMBROSETTI FEATURING GIORGIO AZZOLINI」 »