« AND MORE JAZZ IN POLAND | トップページ | STEFANO CANTINI »

いけね、タイトル付けるの忘れてました。

 いけね、タイトル付けるの忘れてました。(今は、書いてから5時間後。)今日はまた、何ともいい天気でしたね、久々に何も考えずにのんびりとしてしまった。マリナーズも昨日、今日と劇的な勝ちっぷりでとても気分がいい!ベタンコートの勝負強さが光ります。

 夜になっても何となくゆったりした気分なので、しっとりとしたヴォーカルを聴いLullabys_for_losers てます。ETHEL ENNIS「LULLABYS FOR LOSERS」、失恋を歌ったちょっと悲しげな作品なんですが、コレが何とも心に沁みる寛ぎの傑作!まぁ、何て切ない歌心、相手を想うほろ苦い情緒が堪らなくいい!蕩けますね。1955年の作品、ハンク・ジョーンズのピアノが絶品の味わい、歌伴の名演です。10年程前にジャケ違いで出ましたが今は残念ながら廃盤、私のジャズ師匠が大好きなアルバムで、これを聴くと若かった頃をつい思い出します。

|
|

« AND MORE JAZZ IN POLAND | トップページ | STEFANO CANTINI »

VOCAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/7941971

この記事へのトラックバック一覧です: いけね、タイトル付けるの忘れてました。:

« AND MORE JAZZ IN POLAND | トップページ | STEFANO CANTINI »