« SUNSHINE | トップページ | 驚きの大発掘! »

いや~、参りました。

 丸一日コンピューターが動きませんで、と言うか、メールとインターネットが開きませんでした。よく外から新しく飛んでくるじゃないですか、え~、何ですか、ウィンドウズの自動更新とか。そういうのが来ると今のセキュリティシステムが何か不具合を起こすらしくて。今日は朝一番で電気屋さんに直行、新しいセキュリティソフトを買ってきまして、何とか動くようになりました。まぁ、もうこんな時間か、古いセキュリティを削除できなくて、サポートに相談したら、「そうすると、そのセキュリティソフトのサイトに削除ツールがあるはずですから、ダウンロードしてですね、、、」と言われてしまい、あら参った、ネット開かないのにどうやってダウンロードすりゃいいかな、、、すると、「もう一台パソコンお持ちのようなのでそれにつなげて、、、」、なるほど、同じ富士通さんのノートがある、仕事してた時に活躍したチビコン!おかげで無事回復した次第でして。サポートはウチのコンピューターの台数知ってるのかぁ、そう言えば、チビコンで前に何か相談したことあったなぁ、あり難い事です。

 ちょっと良いのが出てました。DON MENZA 「VOYAGE」、SWR BIG BANDをVoyage バックに粋な演奏でした。スマートなアレンジでリラックス、程よいスウィング感が心地良い。名門ビッグ・バンドを渡り歩いてきただけに巧いの一言、大人が楽しむ老練な作品です!

 ドン・メンザと言えば、1965年のTHE MAX GREGER BIG BANDMaximum 「MAXIMUM」はすばらしいですね!ガツンと来るオープニングのSALUTE TO MILESでビッグ・バンドの快楽が味わえます。メンザの麗しいフルートが聴ける2曲目BOSSA FLUTA、メンザのテナーが徐々に盛り上がり中盤から熱気溢れるアドリブを披露する3曲目PIECE FOR TWO。ベニー・ベイリーも本作では欠かせない、トランペットの鳴りにしびれます!

 ドン・メンザを初めて知ったのが1997年の「BILEIN」全編Bilein_2 オリジナル曲で、ピ アノ・トリオでも聴き応えあるジョー・ハイダーとの共演、テナー・ワンホーンの魅力が爆発してます!逞しいテナーで力強い歌いっぷりが冴え、息使いが聴こえる様な切ないバラードも堪らない!豪快かつ繊細、ホーキンスやウェブスターの時代を思い出させます!

 もうちょっと知ってる曲で聴いてみたいと仰るなら、PETEBones_blues_2  MAGADINI 「BONES BLUES」(1977)もすばらしいです!OLD DEVIL MOON 、FREDDIE FREELOADER 、POOR BUTTERFLY 、SOLAR 、I REMEMBER CLIFFORD、これまたテナーが見事に歌う、ドラマーがリーダーなので「BILEIN」とは一味違う小気味良い躍動感が味わえます。

 ええい、これも良いです!2002年の「DREAM SUITE」、こちらは昨年のJAZZ Dream_suite BAR 2006に一曲収録されてまいたね。じっくりと寛げるミドル~スロー中心で夢をテーマに渋いスタンダードばかり。やはりテナーの味わい深さに思わずウットリ!酒が美味くなる逸品です。

 何故かドン・メンザの特集のようになってしまった、、、

|
|

« SUNSHINE | トップページ | 驚きの大発掘! »

SAX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/8045139

この記事へのトラックバック一覧です: いや~、参りました。:

« SUNSHINE | トップページ | 驚きの大発掘! »