« LARRY McKENNA 「IT MIGHT AS WELL BE SPRING」 | トップページ | e.s.t.「VIATICUM」 »

MAX LETH  「QUARTET」

 妻は私と同じくらい肩こり&腰痛持ち、仕事は一生懸命でなかなか根性もありますが、管理職は辛いね、如何せん最近体がついて来ないようで大変そう。ココは一つ主夫の私がマッサージなどを施して進ぜよう(ココは乗りに乗った広沢虎造のように、あ、分かりますかね?)となりまして、風呂上りにミッチリお揉みしております。揉み返しのないようにソフトに揉んで居りますが、結構汗をかく。で、昨日あたりちょっと気が付いた、両腕に微妙な鈍痛が、、、これってひょっとして筋肉痛か! どうもそうらしい、ひえ~、めちゃめちゃカッコ悪!今日はちょいと鉄アレイなんぞを持ち上げてみたりして(単純、、、)、何か凄く疲れてしまった。

 全く期待してなかったですが、すばらしくいい、MAX LETH 「QUARTET」Max_leth_quartet 1978年の作品。凄く小粋なピアノにギターが気持ちよくユニゾンで絡んでくる、ベースがまた手練、ペデルセンじゃないですか!MAXがピアノからヴァイブに持ち変えてもゴキゲンのスウィング感です。4曲目ON THE SUNNY SIDEの寛ぎ、いいですねぇ、麗しいピアノから入って、直ぐにヴァイブにチェンジ、サラリと絡むギターの味わい、カッコいいベースの饒舌なソロからヴァイブのクールな引継ぎ、短いながらもスマートなドラムソロ、いいですねぇ、その後のDONAUWELLENのスピード感、ピアノ、ベースが堪らなくいい!BESAME MUCHOを好きになった事のない私にとって6曲目は衝撃でした、曲よりも演奏の方が勝ってしまってる、こう感じるのは、かなり珍しいです!

 

|
|

« LARRY McKENNA 「IT MIGHT AS WELL BE SPRING」 | トップページ | e.s.t.「VIATICUM」 »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/8687090

この記事へのトラックバック一覧です: MAX LETH  「QUARTET」:

« LARRY McKENNA 「IT MIGHT AS WELL BE SPRING」 | トップページ | e.s.t.「VIATICUM」 »