« FRANCO AMBROSETTI「A JAZZ PORTRAIT OF FRANCO AMBROSETTI FEATURING GIORGIO AZZOLINI」 | トップページ | LORENZO TUCCI 「DRUMONK」 »

BASSO=VALDAMBRINI SEXTET 「EXCITING 6」

 考えてみたらブログ始めて一ヶ月たったなぁ、早いものです。途中で早々に挫折するかと思ってたんですが、かなり楽しいですね!

 知り合いに「まぁ、色々ありますから、学んで下さい。」と言われ(この人物はブログやったらと最初に私に言った人。)、「色々って何!?」と訊いても教えてもらえず(意地悪なんですよ、全く、、、)、ドキドキしながら始めてみたんですが、今のところコレといった問題はなく(そりゃまあ、ありましたよ、ピンクの波動を送られたり、買え買え波動を送られたり。)、何とか無事にマイペースで書かせていただいてます。それと言うのもこんな稚拙なものでも見ていただけたり、コメントいただけたりと、あり難い人の繋がりを感じられるからなんだと思います。有難う、有難う、、、

 さて今評判のBasso Valdambrini/Exciting 6、1967年の「EXCITING 6」Bassovaldambrini_sextet_exciting_6 なんですが、ウェストコーストっぽさはあまり感じられなかったです。1960年作の「WALKING IN THE NIGHT」に近い印象でした。クラブでも評判らしいですが、ハードバップ好きのジャズ・リスナーのほうが反応は激しいのでは。アンサンブルの妙がありながら、どこか憂いがあるし、ソロリレーのジャズの醍醐味もグッと感じられます、何しろ雰囲気がすばらしい!10曲目のNAVARRAのカッコ良さといったら正にコレこそハードバップ!ペットとテナーのカッコ良いユニゾンのテーマからシャキッと際立つシャープなリズム、ソロは流れるようなトランペットでありながら、リズムと相まって力強く、それに継ぐテナーの男っぽいアドリヴ、テーマに返りフィニッシュ、シンプルですが堪らない魅力、ラストのDONNA LUもまたテナーの歌いっぷりに泣き、ペット、トロンボーン、ピアノ、ベースの短い哀愁、またテナーの泣きのテーマで決まる!きたーッて感じ。凄い幻盤だってことは全く知りませんでした。

|
|

« FRANCO AMBROSETTI「A JAZZ PORTRAIT OF FRANCO AMBROSETTI FEATURING GIORGIO AZZOLINI」 | トップページ | LORENZO TUCCI 「DRUMONK」 »

JAZZ GROUP」カテゴリの記事

コメント

僕も正直ブログに参加したのは初めてです。しかしこのブログの楽しいこと楽しいこと!毎日、見るのが日課になってしまったほどです。是非、これからも続けて下さい!!この前のリベンジで新宿~渋谷を回ってきましたが、残念なことに本当に求めていたCDはGET出来ませんでした。コルトレーンのexpressionとafrica/brassは買ったのですが、living spaceとtynerのechoes of a friend,elvinのlive at lighthouseとdear johnはどこにもありませんでした。人気無いのですかね~。悔しいので取り寄せようと思います。あと、stefano di battistaの他のCDはあったのですが紹介して頂いたCDだけがありませんでした。今はまだ聞く予定は無いのですが、ずーと探していたユーロ物のCDをいくつか買ってきました。本当は師匠も先日紹介していたgil cuppiniのwhat's new?とgil cuppini big bandのライブ音源のsof' strokeが欲しかったのですがやはりどこにも無かったです。ただ奇跡的にも97年の国内版でlive盤での演奏がほとんど入ったbig bandでのa new dayを買うことができました。メンツも同じくダスコ・ゴイコヴィッチ、ジャンニ・バッソ、エラルド・ヴォロンテです。ついでに買いそびれていたダスコ・ゴイコヴィッチのケニー・クラークとフランシー・ボランが参加してるinternational jazz octetもゲットしました。あと先日話したgruppo jazz marcaのCDも買い、本当はオリジナルがいくつか欲しかったのですが、なかなか再発されないのでこの前でたbent axenの編集盤のCDも買いました。jazz quintet 60名義での四曲も入っていてどれもしらない曲だったのでちょっとうれしいです。あとはスウェーデンのトロボーン奏者のeje thelinのgerman festivalでのライブCDも見つけることが出来ました、本当はso farが欲しかったのですがもう無いみたいです。あとは正規品なのか不明ですがyancy korossyのgreat jazz pianoというCDも買いました。数曲は知ってるのもありましたが、知らない曲もあったのでyancy好きとしてはつい買ってしまいました。最後にアルゼンチンのchivo borraroのel nuevo sonido delも見つけることが出来ました。なんか買い物の報告になってしまい申し訳ございません。今日は限られた時間でしたけど、レコ屋めぐりは最高のストレス発散です。

投稿: kibe | 2007年10月 2日 (火) 20時52分

 kibeさん
 返事遅れました、すみません。
東京でないのは解せません。差し替え、出し直しの時期なのかも。私も色々買ってきましたよ、ヒヒヒ、、、
またその内書かせていただきます。

投稿: ジャズカバ | 2007年10月 3日 (水) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/8196057

この記事へのトラックバック一覧です: BASSO=VALDAMBRINI SEXTET 「EXCITING 6」:

« FRANCO AMBROSETTI「A JAZZ PORTRAIT OF FRANCO AMBROSETTI FEATURING GIORGIO AZZOLINI」 | トップページ | LORENZO TUCCI 「DRUMONK」 »