« 大分見聞 その4 | トップページ | ALAN BARNES/JOHN HALLAM 「SIDEWAYS」 »

HARRY WHITAKER 「THOUGHTS(PAST AND PRESENT)」

 風邪がちっとも良い方向に向かず、昨日は寝込んでしまった。国民健康保険の新しい被保険者証はまだ来てないし、こういう時、浪人は困りますね。

 予想通りレッドソックスがワールドシリーズに進出、第5戦をベケットで取った時に流れがボストンに行ってしまいましたね、クリーヴランドはハフナーの不調が痛かった。さすがに今日は主音声で観てましたが、解説の武田さんの言う通り、松坂さんは制球もそうですが、主将バリテックとの呼吸が合ってないような気がしました。配球が消極的で松坂さんの持ち味が出てない、何かあると直ぐ悪い方に転がる感じ、自信を持って投げてる岡島さんとは対照的でした。少し我がままになった方が制球も定まると思うんですがどうでしょう。

 コロラドは勢いがあった分、間が空きすぎたことがどう影響するか、フェンウェイでの初戦、多分相手はベケット、打ち勝てば一気にいける反面、やられると一気にいかれるような気がします。苦労してきた松井さんには頑張って欲しいですね。

 ちょいとユニオンさんに行ったら、かかってましたHARRY WHITAKER Harry_whitaker_thoughtspast_and_pre 「THOUGHTS(PAST AND PRESENT)」、1曲目の入りとハードボイルドなカッコいいサビで、きたっ!って感じで、リズム隊にも痺れました!なんて言うんだろうこういうの、エルヴィン・ジョーンズのような感じ、ポリリズミックとでも言うか、聴いてて胸が騒ぐドラム、快感です!メロディはジャズらしいオーセンティックな雰囲気で素直に耳に響くオリジナル曲集。おお、モーダルな6曲目も、OMER AVITALのベースも太くて気持ちいい!2001年のFRESH SOUND盤はもっと軽い感じの普通のグッド・ピアニストというイメージだったような。これは大きな勘違いかも、今の私のヘヴィ・ローテーションとなってしまいました。

|
|

« 大分見聞 その4 | トップページ | ALAN BARNES/JOHN HALLAM 「SIDEWAYS」 »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/8561878

この記事へのトラックバック一覧です: HARRY WHITAKER 「THOUGHTS(PAST AND PRESENT)」:

« 大分見聞 その4 | トップページ | ALAN BARNES/JOHN HALLAM 「SIDEWAYS」 »