« idea 6 「METROPOLI」 | トップページ | FAY CLAASSEN 「SINGS TWO PORTRAITS OF CHET BAKER VOL.1」 »

BILL EVANS 「WALTZ FOR DEBBY」

Cimg4487_2  大船からウチまで歩いて20分、体力維持のため大船からは、なるべく歩くようにしています。今日は大船に着くと妙なベル音が鳴り響いてました、何だろう、、、5,6分歩いててもちっとも鳴り止まない、どこで鳴ってるんだ?すると直ぐに慌てた様子で沢山の消防車が「道を空けて!」と走って来ました。火事だったんか!臭いも何も感じなかった、怪我人でたんだろうか、大丈夫かな?

 今日は鎌倉散歩、ちょっとお気に入りの場所、海蔵寺へ行って来ました。春に行った時Cimg4483_3 Cimg4484_2 Cimg4486_2 は花真っ盛りでしたが、秋の海蔵寺は枯れ山水、シーンと静まり返って聞こえて来るのは遠くで鳴く鳥の声ばかり、秋もいいですねぇ、何とも静寂が感じられる隠れた鎌倉の名所です、と言っても、花の季節は写真家が集まる、知る人ぞ知る名所と言うべきかな、大好きな場所です。

 プラプラと歩いたことのない鎌倉の裏道を行き、御成商店街に出ると(ココも結構好き、小町みたいに混んでない)、また前の同僚にバッタリ!ついこの間もレコ屋で会ってたので(以前にブログで書きました)、二人して、「一体なんだろうねぇ、この偶然は、、、」と話しながら、「今度はちゃんと約束してから会って、一杯やるべ!」という事になりました。実を言うと今日午前中は、その同僚から受けたジャズの質問を調べて、結果を知せてたりしました。鎌倉散歩は妻に、駅が変わったみたいだから行ってみたら、と言われ来てみただけ。何だかSUPER NATURALな一日でした。

 ついにと言いましょうか、やはりピアノ・トリオの最大の愛聴盤を出さずにはいBill_evans_waltz_for_debby られなくなりました。Bill Evans (piano)/Waltz For Debby働いてる時は一家に一枚とお客さんには言い続けてましたが、今もそれは変わりません!MY FOOLISH HEARTの何という麗しさ、語り掛けるようなその叙情、それに続くなんと優しいWALTZ FOR DEBBYの小気味良いリズム感、エヴァンスに応えるラファロの物語、もっと聴かせて下さいと言いたくなります!

 グラスが割れ、レジスターが会計を済ます、どういう人たちがこの演奏を生で聴いていたんだろう、当時はほとんど無名だったこのトリオが、まさかコレほどまでに、後世の世の人たちの心を揺さぶってしまうなんて、思いもしなかったでしょう。ああ、もうこれ以上何もいうまい、、、

 

 

|
|

« idea 6 「METROPOLI」 | トップページ | FAY CLAASSEN 「SINGS TWO PORTRAITS OF CHET BAKER VOL.1」 »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/8886011

この記事へのトラックバック一覧です: BILL EVANS 「WALTZ FOR DEBBY」:

« idea 6 「METROPOLI」 | トップページ | FAY CLAASSEN 「SINGS TWO PORTRAITS OF CHET BAKER VOL.1」 »