« JACQUES SCHOLS 「WHAT IS THERE TO SAY」 | トップページ | DUSKO GOYKOVICH 「AFTER HOURS」 »

匠の市

 昨日、今日と毎年出店する父の手伝いで(冷やかしで?!)北鎌倉の匠の市に行っておりました。毎Cimg4360 Cimg4362年4月と11月の第一週の土、日に開催される、古都らしい寛いだイベント、今回は天気も好く、前回手伝った時より人も多く出ていた、活気がありましたな。

 木陰からもれる程よい日差しが心地よい円覚寺参道、最も日差しが強く、活気に溢れた市が立ち並ぶ東慶寺参道、立派な木々が日の光を遮Cimg4365 Cimg4367 り、何とも神々しい雰囲気が鎌倉らしい浄智寺参道に個性豊かな手作りの一点ものが並びます。別に何もやってはいませんが、妙に気分がいい、鎌倉スローライフ、いいですね~、リフレッシュいたしました!春の市も楽しみです。

 THE DIAMOND FIVE 「BRILLIANT!」、これを初めて聴いた時の感動といったら、大変Brilliant でした!ちょうど仕事が凄く忙しい時期であるにも拘らず、他に何か出てないのか探し回る始末でしたね、結局何も見つからなかったので直ぐに諦めましたが。2003年当時はオランダだとピム・ヤコブスくらいしか思い浮かばず、それだけにオランダにこんなすばらしい作品があることに驚いたものです。演奏、曲、共にカッコいいとしか言えない!ハード・バップの快楽ですぞ!1964年の作品。

 ついでと言うか、これもすばらしい、「FINALLY AFTER FORTY YEARS HISTORIC Finally_after_forty_years_historic_ RECORDINGS 1959-1962」。「BRILLIANT!」が出た後にかなり出回り、話題にもなりました。オリジナルと共にALONE TOGETHER、JORDU、BOHEMIA AFTER DARK、YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC等の有名曲も聴かせます!

|
|

« JACQUES SCHOLS 「WHAT IS THERE TO SAY」 | トップページ | DUSKO GOYKOVICH 「AFTER HOURS」 »

JAZZ GROUP」カテゴリの記事

コメント

「BRILLIANT!」は以前からよくレコ屋で見かけますが、「FINALLY AFTER FORTY YEARS HISTORIC RECORDINGS 1959-1962」は初めて見ました!!かなりレアそうですね。
そういえばdisk unionで「BRILLIANT!」のオリジナルレコードが十六万で売られてましたが、CDで出てるのにまだこの値段という事は相当レアものなんですね!!深野公房がりイシューしてくれたWALTER STRERATH TRIOの「Fly to Brazil」なんかも8万もしてましたし。本当レコードで集めてなくて良かったと心から思う今日この頃です。

投稿: kibe | 2007年11月10日 (土) 14時00分

 kibeさん
 私も見ました、十六万のアナログ、凄いですね、でもきっとそれでも買う人がいるんですね、十六万あったら何枚CD買えるんでしょう。アナログに手を出さなくて良かった、でも昔の録音はアナログの方が音が良いんですよね、聴いてみたいけど、、、
 「FINALLY AFTER FORTY YEARS HISTORIC RECORDINGS 1959-1962」は意外と身近な所で見つかると思いますよ。オランダではそろそろSOLD OUTになってるかも。

投稿: ジャズカバ | 2007年11月10日 (土) 17時59分

本当にジャズに出会う前にCDオンリーに切り替えて良かったです!!以前はレコードも集めていて、フリーソウル、レアグルーブのアナログなどには結構お金かけていましたから。でも、高くても1万円以内におさえていましたが、ジャズのに関しては名盤は全て一万以上ですから!?
僕の知り合いのおじさんもブルーノートはオリジナル盤じゃなきゃと言ってART BLAKEY&THE JAZZ MESSENGERSの「Mosaic」を聞かせられ、「シンバルの音の伸びからして全然違うだろ!!」っと語っていましたが音のこだわる人はやっぱりオリジナルなんですね!!レコードのほうが音がいいなんて不思議な話ですけど...

投稿: kibe | 2007年11月11日 (日) 11時37分

 kibeさん
 毎度コメント有難うございます。
 アナログやればかなり楽しいことは分かってはいるんですけどね。以前マーティ・ペイチの「THE BROADWAY BIT」(別名
踊り子)のCDとアナログの聴き比べをしたことがあるんですが、まるで別物でしたよ。CDより温かくてツヤがありましたね。
 「やっぱり楽しいオーディオ生活」麻倉怜士著(アスキー新書)はオーディオ知りたいビギナーには読みやすい入門書でした。CDのことも書いてあるので、''不思議な話''も少し飲み込めるかも知れませんよ。

投稿: ジャズカバ | 2007年11月11日 (日) 12時40分

毎度返信有難うございます。
アナログはやはり音が違うんですね!!
「やっぱり楽しいオーディオ生活」興味深い書物ですね。探してみます。

投稿: kibe | 2007年11月12日 (月) 19時07分

 kibeさん 
 返事遅れてすみません。今流行の新書(あ、新しいと言う意味じゃなく。)です。756円、大きな本屋さんならあると思います。音が良くなるちょっとしたコツとか、楽しく分かりやすい本でした。

投稿: ジャズカバ | 2007年11月13日 (火) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/8756883

この記事へのトラックバック一覧です: 匠の市:

« JACQUES SCHOLS 「WHAT IS THERE TO SAY」 | トップページ | DUSKO GOYKOVICH 「AFTER HOURS」 »