« THE JAZZ FIVE 「THE FIVE OF US」 | トップページ | DUKE PEARSON 「BAG'S GROOVE」 »

SHEENA DAVIS 「YOUNG AT HEART」

 今日は北鎌倉の実家で姪っ子と母の誕生日祝いを兼ねたクリスマスの食事会、誕生日は二人とも一月なんですけどね。で、プラプラと北鎌倉駅から歩くことにして、円覚寺前を通るとまた紅葉の名残を発見。散り際の桜にも感じますが、終わりかけの紅葉の風情もいいものです。Img_0267

 実家に着いて待っていたのが鎌倉、由比ガ浜にある宅配御膳、釜寅の鰻!たれの甘味がしつこくない、鰻は肉厚、あらら、コイツはイケる!しかも上げ底してないので飯がどんぶり盛り、量が見た目と違う!チラシには、最初は釜飯で、次に薬味を入れて、最後はだし汁でお茶漬けに、とのこと。どう食べても美味しかった。ついでに茶漬けは漬物、わさびでも色々楽しめます。Img_0295

 本日は英国の歌い手、SHEENA DAVIS 「YOUNG AT HEART」、ジャジーな歌声ではないかもしれませんが、癖のない素直な感じが耳に心地良い、優しさが沁みますな。Sheena_davis_young_at_heart

  1. YOUNG AT HEART
  2. IT MUST BE LOVE
  3. SEASONAL MEMORIES
  4. GET A FEELING
  5. I CRIED FOR YOU
  6. SENTIMENTAL JOURNEY
  7. SWAY
  8. ONLY YOU
  9. UP ON THE ROOF
  10. WHEN I GROW TOO OLD TO DREAM
  11. BUT HEY ! THAT'S LOVE
  12. WHEN YOU WISH UPON A STAR

 アップ・テンポでスマートにスウィングする5曲目のような曲もいいですが、私は1曲目の程よく切ない情感がとても好き、スーッと眠気に誘われてしまいます。3曲目は何処か哀愁が漂うオリジナル、GUY BARKERのトランペットの遣る瀬無い歌心が心に響きます。8曲目のバラードもイケます、やっぱりトランペットが切ない。何でしょう、メイン・ディッシュというより口直しの柑橘系のシャーベットのような作品ですね。2003年録音。

|
|

« THE JAZZ FIVE 「THE FIVE OF US」 | トップページ | DUKE PEARSON 「BAG'S GROOVE」 »

VOCAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/9539715

この記事へのトラックバック一覧です: SHEENA DAVIS 「YOUNG AT HEART」:

« THE JAZZ FIVE 「THE FIVE OF US」 | トップページ | DUKE PEARSON 「BAG'S GROOVE」 »