« FREDDIE REDD 「SHADES OF REDD」 | トップページ | DON FAGERQUIST 「EIGHT BY EIGHT」 »

BENNY GOLSON 「TAKE A NUMBER FROM 1 TO 10」

 大分元気になった妻が夕飯を作りながら、何故かMSG(ザ・マイケル・シェンカー・グループ)のクライ・フォー・ザ・ネーションズを台所で歌ってる、、、日によってはベートーベンの第九だったり、サウンドガーデンだったり、、、

 ウチにはジャズ以外にもクラシック、往年のハードロック、ヘヴィメタルが結構あったりします。妻は実はかなりの音楽好き。新世界がかかってたと思うとジェーンズ・アディクションが次にくると言った感じ。興味がないのはJ-POPくらいかな。

 ジャズもあまり聴きませんが、でも耳はなかなか良くて、私が聴いてると「コレはこの間聴いてたヤツだ。」とか、コルトレーンのブルー・トレインやブルーベックのテイク・ファイヴをたまに鼻唄してたりします。

 あら、いつの間にかロック・ウィル・ネヴァー・ダイですか、泣けますなぁ、今日はMSG特集だったようです。

 作編曲者として評価の高いBENNY GOLSON、圧倒的ではないですがテナーマンとしてもうまい人ですね。「TAKE A NUMBER FROM 1 TO 10」はとても面白い作品、曲が進む毎にメンバーが一人ずつ増えていきます。Take_a_number_from_1_to_10

  1. YOU'RE MY THRILL (LANE-WASHINGTON)
  2. MY HEART BELONGS TO DADDY (COLE PORTER)
  3. THE BEST THING FOR YOU IS ME (DeSYLVA-HENDERSON-BROWN)
  4. IMPROMTUNE (BENNY GOLSON)
  5. LITTLE KARIN (BENNY GOLSON)
  6. SWING IT (BENNY GOLSON)
  7. I FALL IN LOVE TOO EASILY (STYNE-CAHN)
  8. OUT OF THIS WORLD (ARLEN-MERCER)
  9. THE TOUCH (BENNY GOLSON)
  10. TIME (BENNY GOLSON)

 スタートは勿論無伴奏のテナー・ソロ、いきなりゆったりした哀愁漂うプレイ、ベースのTOMMY WILLIAMSとの寛いだデュオの2曲目、ドラムスALBERT HEATHが3曲目、ピアノCEDAR WALTONが4曲目と加わって、徐々にスウィング感が増していきます。テナーの歌いっぷりが気持ち良い!

 5曲目でFREDDY HUBBARDと共に気だるい二管フロント、この辺りからGOLSONらしいハード・バップの雰囲気が最高潮になりますね、ガツンと来るのが6曲目、CURTIS FULLERも加わって三管でスピード感溢れるスリリングな演奏!7曲目で登場はSAHIB SHIHAB、ソロは取らずにアンサンブルに徹しているのでちょっと残念、ココではGOLSONが滑らかな歌心を聴かせます。

 8曲目以降はWALTON、HUBBARD、FULLER、SHIHABが抜けてNICK TRAVIS(TP)、HAL McKUSICK(TS)、SOL SCHLINGER(BS)、BILL ELTON(TB)、WILLIE RUFF(FRH)に代わったピアノレスの編成、さすがに大所帯、スマートなアレンジが冴える逸品で、最初気が付きませんでしたがフレンチ・ホルンもソロを取ってます。9曲目でトランペットのBERNIE GLOW、ラスト10曲目でART FARMERが加わって三管トランペットはビッグ・バンドのような厚みのあるアンサンブルが迫力満点です!

 

|
|

« FREDDIE REDD 「SHADES OF REDD」 | トップページ | DON FAGERQUIST 「EIGHT BY EIGHT」 »

SAX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/9883401

この記事へのトラックバック一覧です: BENNY GOLSON 「TAKE A NUMBER FROM 1 TO 10」:

« FREDDIE REDD 「SHADES OF REDD」 | トップページ | DON FAGERQUIST 「EIGHT BY EIGHT」 »