« PHAROAH SANDERS 「ELEVATION」 | トップページ | FREDDIE REDD 「SHADES OF REDD」 »

BOBBY MARTINEZ 「INTENSITY」

 変な習慣が身に付きつつあります。夜の八時には眠くなり、九~十時には寝てしまう。全く、昔の子供じゃないんだから、、、昨日はそれでブログの更新をし損ないました。でもって、夜中の三時ごろに目が覚めて、そのまま朝まで本を読んでしまう。おかげで今夢中になって読んでいる「居眠り磐音」シリーズをもう直ぐ読み終えてしまいそう。次は何を読もうかなぁ、、、

 昨日は新年の挨拶も兼ねて、色々欲しいジャズCDの注文をしに、行きつけのレコ屋さんへ。ついでに新作のインフォメーションもチラリと見せて頂き、思わぬ注文量となってしまいました。PENTA FLOWERSのジャンニ・バッソ、グィド・マヌサルディは楽しみです。

 今日はスペインMOE MUSICから出てるBOBBY MARTINEZ 「INTENSITY」を久しぶりに聴いてます。元々はアメリカのサックス奏者で、KC & THE SUNSHINE BANDやTHE MIAMI SOUND MACHINEなんて有名なバンドに在籍してたそうです。スペインのマドリードに移ったのが1996年で本作は1999年の作品。何と言ってもアルトのPERICO SAMBEAT、ピアノでGERMAN KUCICHが参加しているのに注目ですね。ちょうど本作を知ったのがGERMAN KUCICHの1STが評判になった途端に廃盤になって巷を賑わせていた2003年くらいだったかな。Bobby_martinez_intensity

  1. INTENSITY (MARTINEZ/KUCICH)
  2. LIGHT RHYTHM (KUCICH)
  3. BALLAD FOR YOU (MARTINEZ)
  4. CHICKEN FINGERS (MARTINEZ)
  5. SAMBA D'RIVERA (MARTINEZ)
  6. A THOUSAND NIGHTS (MARIANO DIAZ)
  7. EL ZURDO (KUCICH)
  8. PERICLES (KUCICH)
  9. DOS EN UNO (MARTINEZ)

 ウネリのあるテナーとアルトのユニゾンが決まってる1曲目、後半のユニゾンとピアノの交換がカッコイイです!モンクが書きそうなちょいと面白いテーマからスマートにスウィングする2曲目もいい。KUCICHのピアノはトリオで聴くよりも勢いは押さえ気味ですが、シャープで粒だった気持ち良いソロを聴かせてくれます。寛いだナイト・サウンド3曲目はワン・ホーンでジックリと。

 ラテン・フレイバーを軽く鏤めた5曲目、SAMBEATからトランペットのCHRIS KASEに交代した、もう一人のピアニストMARIANO DIAZのオリジナル6曲目もハードな演奏、コチラのピアニストもなかなかイケます。

 テナーらしい豪快さにちと欠ける感があるかも知れませんが、スピード感がある曲が印象的、青白い炎が随所に上がって良い感じです。

|
|

« PHAROAH SANDERS 「ELEVATION」 | トップページ | FREDDIE REDD 「SHADES OF REDD」 »

SAX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/9824254

この記事へのトラックバック一覧です: BOBBY MARTINEZ 「INTENSITY」:

« PHAROAH SANDERS 「ELEVATION」 | トップページ | FREDDIE REDD 「SHADES OF REDD」 »