« MARTY PAICH 「THE BROADWAY BIT」 | トップページ | SILVANO BORZACCHIELLO 「COSTALTA」 »

MICHAEL NAURA 「EUROPEAN JAZZ SOUNDS」

 今日はカニだ!ズワイが2ハイと毛蟹が1パイ。マイレージのポイントでいつの間にか妻が手配してたらしい。ヒ~、カニなんて久しぶりです。もっと沢山あれば家族を呼んでとも考えましたが、ちょっとそれには少ないという事で今回は我々だけで贅沢をすることになりました。チビチビと酒を舐めながらじっくり、、、楽しみだのう!Img_0619

 MICHAEL NAURA 「EUROPEAN JAZZ SOUNDS」、コレにも思い出が詰まっています。澤野工房さんがアナログを出した時に直ぐにCD化をお願いして、半年後に念願かなって紹介しまくった作品。澤野さんは最初あまりCDにしたくはなかったみたいでしたが(多分CDにするのにマスターに不安があったのでは、、、)、大阪のほうでも随分CD化のリクエストがあったらしく、英断を下されたという次第。前にヨーロッパ(ドイツ?)のユニヴァーサル・ミュージックからCD化された時にたまたま入手して、あまりのカッコ良さに感動しましたが、誰にも紹介できずに、ちと心残りだっただけに澤野工房さんの英断にジャズ狂販売員としてかなりはしゃいだものです。Michael_naura_european_jazz_sounds

  1. THREE SECONDS (OLIVER NELSON)
  2. NIGHT FLOWER (MICHAEL NAURA)
  3. DR. JEKYLL (JACKIE McLEAN)
  4. DOWN IN THE VILLAGE (TUBBY HAYES)
  5. GRUGA MOOD (MICHAEL NAURA)
  6. STRATOSPHERE (MICHAEL NAURA)

 1963年作品。1曲目のアルト、ヴァイブ、ベースのゆったりとしたスタートからドラムがズドンと入ってくる所でまずヤラレてしまう。直ぐに続くヴァイブ、アルト・ソロのハードボイルドなこと!2曲目の切ないメロディ、ここでもヴァイブ、アルトが交互に情感豊かな歌心を聴かせてくれる。スピード感溢れる3曲目、フロントのユニゾンが決まり、ドラムが迫力があって気持ち良し!そして私の最大の山場4曲目、タビー・ヘイズの名曲です。歌いまくるヴァイブ、アルト(今日はこればっかし、、、)、燃えてきます!タビーのロニー・スコット・クラブでの演奏よりスピーディで熱い。ヴァイブとアルト・サックスが全面にフィーチャーされた、ちょっと異色なフロントながら力強い演奏でジャズ魂が揺さぶられます!

 

 

|
|

« MARTY PAICH 「THE BROADWAY BIT」 | トップページ | SILVANO BORZACCHIELLO 「COSTALTA」 »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/9984831

この記事へのトラックバック一覧です: MICHAEL NAURA 「EUROPEAN JAZZ SOUNDS」:

» Michael Naura Quintet / European Jazz Sounds ['ROUND MIDNIGHT'S WEBLOG]
スピーカーが「JBL4318」に替わったこともあり、せっかくなら「良い音」の「ジャズ」を聴きたいものよと(^^)、本日取り出したるはコチラ...♪ [続きを読む]

受信: 2008年3月 3日 (月) 23時52分

« MARTY PAICH 「THE BROADWAY BIT」 | トップページ | SILVANO BORZACCHIELLO 「COSTALTA」 »