« OSCAR PETERSON | トップページ | JAN KARE HYSTAD 「VARGTIME」 »

THE BEETS BROTHERS 「IN CONCERT」

 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。Img_0380

 今日は東京本家へ新年のご挨拶、正月はお雑煮が楽しみじゃ!

 今年こそ活躍の期待を込めて、本年最初のご紹介はオランダのTHE BEETS BROTHERS 「IN CONCERT」、MARIUS、PETERはアルバムを出したりして活発な活動をしてますが、何故か次男のALEXANDERの消息が聞かれない。彼のテナーはパワフルで、スタンリー・タレンタインの「レット・イット・ゴー」のような抜けの良さが魅力。凄いのが出てきたと興奮したものです。THE BEETS BROTHERSとしては五枚程出てますが、実は本作は、ラジオ放送目的の音源で売り物ではありません、と英語で書いてありまして、何らかの許可を取って売られたと思われます。本作がこのグループの生々しさを伝える最高傑作とは皮肉なことです。The_beets_brothers_in_concert

  1. BASS-IC INSTINCT (M. BEETS)
  2. IS IT WRONG TO BE RIGHT ? (P. BEETS)
  3. THE MAN I LOVE (G. / I. GERSHWIN)
  4. I GOT RHYTHYM (G. / I. GERSHWIN)
  5. IT HAS HAPPENED (P. BEETS)
  6. SOULTRANE (T. DAMERON)
  7. BLUES FOR THE DATE (P. BEETS)

 何と言っても1曲目、スリリングにスウィングするワン・ホーンの快演、ソウルフルに吹き倒します!追い討ちを掛ける様に2曲目が叙情的なメロディから、ピアノがスウィンギーなソロ、引き継ぐテナーが緊張感を保ちながら明朗に歌い上げる!本作の最大の聴き所です。6曲目スローも上手いALEXANDER、歌心溢れるテナーの響きがすばらしい!

 ALEXANDER BEETSの新録、今年こそは出して欲しいです!

|
|

« OSCAR PETERSON | トップページ | JAN KARE HYSTAD 「VARGTIME」 »

JAZZ GROUP」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。


昨年は大変お世話になりました。お蔭様で僕のジャズライフは大分広がり、一生物の愛聴盤も増えました。
先日作っていただいたCDーRですが、本当にありがとうございました。3枚ともやはり最高でした!!イタリアものにはまっていた僕としては、FRANCO AMBROSETTIとGIL CUPPINIのかっこよさには感動しましたが、また最近深酒をする機会があって、そのときに爆音で聴いたHANNIBALは失神寸前でした!!とにかくスピリチュアルでかこいい!!本当に気持ちよかったです。

ここで僕の昨年のアルバムBEST 5を勝手に書いてみようとおもいます。全ジャンルだと何百枚も買ったので、しかもどれもかっこよかったので棚を見ずに頭に浮かんだ順に選んでみました!!!

1、idea 6 「steppin' out」
やはり、実際コンサートも見に行ったし、これを機にイタリア物に本格的にはまったので!かっこよかったなぁ~!!

2、villalobos 「Fizheuer Zieheuer」
ミニマル・テクノ、べーチャン、ダブ好きにはマストで、数十年後まで色あせることはないであろう37分の大名曲!!曲自体は長いけど、JOHN HANDY、KOMEDA「Astigmatic」の曲同様、まったくあきさせません。ジャーマンロック及びテクノ・イノベータとしてもしられるManuel Gottshingの84年の54分にも及ぶ名曲「E2-E4」と肩を並べる大作!!正確には2006年発売でしたが今年も前半ずーと聴いていたので、二位にランクイン!!歴史に残る名作です。ある意味HANNIBAL、COLTRANEよりぶっ飛べます!!

3、SIMON SPILLETT 「introducing...」
昨年間違いなく車で一番聴いたアルバムで、新人賞もの!!とにかく正統派のハード・バップで、ゴリゴリなのに歌心もあって最高でした。今、一番好きなテナーマンで、最も新作が待ち遠しい人。

4、MOODYMANN 「Collection」
デトロイト、ディープハウスの中でもっとも大好きなアーティスト!!彼自身の名曲を自分自身でDJしたベスト的な一枚。彼の曲は本当にどれも真っ黒!!デトロイトに生まれてしまった黒人ならではの憂鬱で、繊細で、美しくソウルフルな音楽は彼にしか作れない独特なもの!!古き良き時代のヒップホップもソウルもブラックジャズも飲み込んだ彼の音楽は全音楽ファンに受け入れられるはず。個人的にはD'angelo,Pete rockと同じぐらい真っ黒!!二年前に行ったかれのバンド体制でのライブは鳥肌物でした。やっぱりかこいい!!

5、インパルス時代のCOLTRANE作品
とにかくインパルス時代の作品数十枚はよく聴きました。どれもいいのでこの中で一番はつけれませんが、とにかく三ヶ月間はコルトレーン中毒でした!!


以上があえて棚を見ず、即興で頭にうかんだ五枚です。
今年はどんな出会いが待っているのでしょう。

投稿: kibe | 2008年1月 1日 (火) 14時21分

 kibeさん
 明けましておめでとうございます。
 ご丁寧な新年のご挨拶をいただき、有難うございます。
 
 昨年は色々とお世話になりました、年末の会合は特に楽しかったですね、久々に良いお酒でした。またやりましょう!
 2位と4位はさすがに知らないなぁ、ディープなkibeさん
の真骨頂ですな、37分の大作に惹かれます、聴いてみたいですが果たしてついて行けるかどうか、、、
 本年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: ジャズカバ | 2008年1月 3日 (木) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/9658034

この記事へのトラックバック一覧です: THE BEETS BROTHERS 「IN CONCERT」:

« OSCAR PETERSON | トップページ | JAN KARE HYSTAD 「VARGTIME」 »