« SERGE CHALOFF & BOOTS MUSSULLI 「SERGE & MUSSULLI」 | トップページ | JESPER THILO 「TRIBUTES」 »

CHARLIE VENTURA 「CHARLIE VENTURA CONCERT feat. THE CHARLIE VENTURA SEPTET」

 今日は治療の日。これからの人生をどう過ごすべきか、先生に相談してみたりして、、、色々考えすぎで、なんと2キロも体重が落ちてしまった。不器用なんですよねぇ、、、Img_0644

 写真はライト・アップされた観音様、もっと本当は美しいですよ!

 きたきた~!やっぱコレだな、最高に気持ち良い!昨日の「SERGE & MUSSULLI」のおかげで聴き直してしまいました。CHARLIE VENTURA 「CHARLIE VENTURA CONCERT feat. THE CHARLIE VENTURA SEPTET」!こんなに楽しい気分になるビ・バップはちょいとないですね、思わずニヤリ。Charlie_ventura_charlie_ventura_con

  1. INTRODUCTION AND THEME MUSIC INCLUDING:

  • YESTERDAYS (KERN/HARBACH)
  • THE PEANUT VENDOR (SIMONS)

  2.EUPHORIA (KRAL/VENTURA)

  3.FINE AND DANDY (SWIFT/JAMES)

  4.EAST OF SUEZ (STEIN/VENTURA)

  5.IF I HAD YOU (SHAPIRO/CAMPBELL/CONNELLY)

  6.I'M FOREVER BLOWING BUBBLES (KENBROVIN/KELLTE)

  7.PENNIES FROM HEAVEN (JOHNSTON/BURKE)

  8.HOW HIGH THE MOON (HAMILTON/LEWIS)

 コレはMR. ジーン・ノーマンがアナウンスされているんでしょうか、テーマ曲YESTERDAYSをゆったりと奏でた後、ドキドキするようなED SHAUGHNESSYのドスンと響くドラムをバックに、多分VENTURA がメンバー紹介、もうこの時点でワクワクしてきます!

 「トゥ・ベース・ドラムを奏でる若きドラマー、ジャージー・シティのエド・ショーネシーです!」ズドン・ズドン・チャカチャカ・ドン、、、おお、ヤバいっす!めちゃカッコイイ!そして登場するベースのKENNY O'BBIEN、ピアノ、アレンジャー & ヴォイス、ROY KRAL、、、どんどん登場するヒーロー達、興奮の中ガツンと入る2曲目EUPHORIA(ちょびっとアナウンスをカットしてますが)、きた~、JACKIE & ROYのゴキゲンのコーラス(楽器のようにハミング、これをヴォカリースというんですね!)、最高にクール、後に続くBENNY GREENのトロンボーン・、CONTI CONDOLIのトランペットの鮮やかなこと!グイグイ盛り上がるVENTURAのテナー、もう盛り上がるしかありません!

 3曲目の見事に弾け飛ぶトランペット、エキゾティックな4曲目、ここでもJACKIE & ROY、CONDOLIが最高に光り、アーシーな熱気のテナーが心を騒がせます。6曲目の主役はやはりJACKIE & ROY、ヴォカリースではない、心地良い歌声も披露してビ・バップの雰囲気とは違う寛ぎが滲み出てますね!同じく寛ぎの7曲目の後、ラストは気持ち良いスピーディなHOW HIGH THE MOON セッション!豪快に吹き継がれるソロの応酬に興奮冷めやらず!BOOTS MUSSULLIの弾けるアルトが最高さ!

|
|

« SERGE CHALOFF & BOOTS MUSSULLI 「SERGE & MUSSULLI」 | トップページ | JESPER THILO 「TRIBUTES」 »

SAX」カテゴリの記事

コメント

お洒落で先進的な一枚ですね

初めて聴いたときあまりの音のよさに、これが本当に48年の録音なのか(しかもライブ!)
と耳を疑った覚えがあります。ジャッキー&ロイのヴォーカルも実にお洒落で古びません。
このあたり、パット・モランの二枚のベツレヘム盤にも通じる斬新なセンスを感じます。
小生の好きなベニー・グリーンも快調、ヴェンチュラもバリバリ吹きまくって爽快ですね。

小生、あることをきっかけに鬱を患い→酒浸りになり→身体を壊し→ひきこもり同然になる、
という真っ暗な体験をし、ジャズだけが慰めでした。今でも孤独ですがようやく慣れました。
ですので貴方に家族がおり、瑞々しい感性を保っておられることは素晴らしいと思うのです。
連続書き込みごめんなさい。レスが負担になってはいけませんので適当にスルーのほど(謝)

それとメアリー・ルーはJAZZ IN PARISのシリーズにトリオ盤があり安価で手に入ります。

投稿: lonely street | 2008年2月 2日 (土) 03時49分

lonely streetさん
何かとても辛い思いをされたんですね。わたしは多くの人や物に支えられて日々を過ごしています。些細なことでも楽しんで参りました。あ~、もう、ごめんなさい。軽々しく触れてはいけない。若輩者が何を言ってるんでしょう、、、どうかお許しください。
 今パット・モランを楽しんでいます。寛いでいて何だか心にポッと温かい灯がともりますね。
 メアリー・ルー情報有難うございます。またまたお店にあるかが問題ですが、来週探しに行って参ります。
 いつも貴重な時間を割いて頂いて有難うございます、またお待ちしております。

投稿: ジャズカバ | 2008年2月 2日 (土) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/10185176

この記事へのトラックバック一覧です: CHARLIE VENTURA 「CHARLIE VENTURA CONCERT feat. THE CHARLIE VENTURA SEPTET」:

« SERGE CHALOFF & BOOTS MUSSULLI 「SERGE & MUSSULLI」 | トップページ | JESPER THILO 「TRIBUTES」 »