« RICHARD WILLIAMS 「NEW HORN IN TOWN」 | トップページ | THE JOE LOCKE QUARTET 「STICKS AND STRINGS」 »

THE JACK BROWNLOW TRIO 「SUDDENLY IT'S BRUNO」

 いや~、さすがに今日は草臥れました。最近休日を除いて毎日、就職支援の会社さんの事務所を借りて仕事探しに没頭する日々が続いておりますが、最後の最後で履歴書で字を間違えてしまった!あ~もう、何てこった!五時間缶詰でもうちょっとという所で、、、 

 ガックリ力尽きましてお茶を飲んでたら、所長さんに「うん、もう大詰めだし、、、まぁ、頑張って!」と軽くイナされ、何とも悔しく、遣る瀬ない気分です。私の担当のカウンセラーさんは「絶対そうなりたいって思ったら、どんなに時間が掛かっても必ずなれますから、色んな道を探りつつ、へこたれずに一緒に頑張りましょう!」なんて言ってくれる有り難い方。 う~む、悔しい、明日こそ絶対仕上げてやる!っという事で明日も缶詰ですな。

 音楽ファンならレア盤の記事や冊子って堪らなく魅力を感じますよね、私も大好きで、そういう特集が組まれたものって必ず買ってしまう者の一人です。自分が見た事もないジャケットが載ってて、ちょいとそそられるコメントが書いてあって、、、想像するだけでワクワクしてきます。

 でも反面、困ったことが起きたりします、レコ屋だったから言える事かも知れませんが、こういう記事や冊子に載るとそれまで普通に入ってきてたものが突然入らなくなって、入ってきたと思ったら値段がドーンと上がってる。結構これってキツイなぁ、なんて思ったことも多かったりして、、、

 何故そんなことを言い出したかというと、マイ・ラックを見てて目に入った作品が正にそういう作品でした、THE JACK BROWNLOW TRIO 「SUDDENLY IT'S BRUNO」。たぶん1999年辺りの作品です。「こういうすばらしい作品を教えてもらったんだけど、おたくはやってる~?」なんて当時のジャズ好きの他店の担当者に訊いたのは2001年くらいだったと思います。残念ながらやってなかったのでその時は諦めました。(当時、私は直接輸入盤を発注する権限を与えられていませんでした。)後に輸入盤を堂々と扱える立場になって随分と紹介しました。ところがレアといわれてから本当にレアになってしまいまして、、、The_jack_brownlow_trio_suddenly_its

 JAZZ FOCUSというレーベルなんですが、要するに、日本からオーダーが沢山来てるようだからプレスしておこう、なんて事になるといいと思うんですが、なかなかそうもいきませんかね。

 味わいのある寛げるピアノ・トリオ、ジャケットから感じられるベテランの雰囲気。百戦錬磨の顔つきが間違いないよと語りかけてくるようです。

|
|

« RICHARD WILLIAMS 「NEW HORN IN TOWN」 | トップページ | THE JOE LOCKE QUARTET 「STICKS AND STRINGS」 »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/10484026

この記事へのトラックバック一覧です: THE JACK BROWNLOW TRIO 「SUDDENLY IT'S BRUNO」:

« RICHARD WILLIAMS 「NEW HORN IN TOWN」 | トップページ | THE JOE LOCKE QUARTET 「STICKS AND STRINGS」 »