« DICK JOHNSON | トップページ | LOREZ ALEXANDRIA 「MORE OF THE GREAT」 »

JOE LOCKE GEOFFREY KEEZER GROUP 「LIVE IN SEATTLE」

 たまにこういう背筋に電撃が走るような快感を与えてくれる作品に遇います。コレだからジャズは止められません!

 メタルを聴かなくなったのは、いつの間にかそういう作品に出会えなくなったから。メタリカの「ST . ANGER」以来、メタルでは感動していませんね、、、凄く生々しくて、人間臭い苦悩が滲み出た傑作です!DVD「メタリカ:真実の瞬間」(SOME KIND OF MONSTER)を観るとアルバム制作時の緊迫感が伝わって更に作品に凄味を感じます。

 という事で、JOEさんの新作と共に買った一枚、JOE LOCKE GEOFFREY KEEZER GROUP 「LIVE IN SEATTLE」。いつか買えればいいや、、、なんて思ってましたが、その‘いつか’というのがついに来た訳で、買って聴いたらあまりのカッコ良さに愕然!もっと早く聴けば良かったのに、とちょっと後悔の念が、、、Joe_locke_geoffrey_keezer_group_liv

 もういきなり1曲目VAN GOGH BY NUMBERSで痺れまくってグウの音も出ません!滅茶苦茶カッコイイ緊迫感溢れるリフレイン、マレットが軽やかに舞い、アコースティックの伴奏から一転、エレクトリック・ピアノがギラリ!おおっ!ドラム、そこで入れてくるかね!再び舞うヴァイブラフォン、う~む、華麗なマレットさばきにゾクゾクします、正に拍手喝采!

 ググッと抑えた雰囲気で何処か物悲しいメロディをヴァイブが奏でる2曲目HONDU、ジワジワと緊張感が増したかと思うとフッと抜けて、流麗なアコースティック・ピアノのソロ、コレもイケる!

 私が最もヤラレタ3曲目FRACTURED、どの曲もメロディが良いですが、コレがサイコー!何処か愁いがあって、ハード・ボイルドで堪りません!そして舞いに舞うマレット、凄い、、、ヘッドバンギングしちゃいますよ、ヴァイブの演奏でこんなに心が熱くなったことがない!続くアコースティック・ピアノの激しい歌いっぷりもすばらしい!きっちり裏に徹してたベースもソロで頑張りを見せる、それを引き継いで竜巻のように入ってくるヴァイブ、興奮も最高潮!テーマ、スリリングでダイナミックなドラム、既に名曲、名演です!

 ふ~、4曲目NATIVE SONのうねりのある演奏でありながら、凄く優しく心に響く旋律、5曲目MIRAMARの空間を感じる味わい深さ、中間でのアコースティック・ピアノが何とも美しい。6曲目TULIPAも大好き、TOTOとかMARC JORDANみたいな洒落たセンスを感じます。ラスト7曲目THE KING  (FOR T . M . )で再び、スピーディな力強い怒涛の演奏が炸裂!実はこの曲が一番ジャズっぽいかも。

 万事こんな感じで褒め殺しの一枚、クドくなりそうだったので、4曲目以降は一言コメントでご勘弁を、、、作品ごとに違う顔を見せてくれるJOE LOCKE、これからも期待は大きいですね。

|
|

« DICK JOHNSON | トップページ | LOREZ ALEXANDRIA 「MORE OF THE GREAT」 »

JAZZ GROUP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/10572318

この記事へのトラックバック一覧です: JOE LOCKE GEOFFREY KEEZER GROUP 「LIVE IN SEATTLE」:

« DICK JOHNSON | トップページ | LOREZ ALEXANDRIA 「MORE OF THE GREAT」 »