« MIKE CUOZZO 「MIGHTY MIKE」 | トップページ | IVAN PADUART 「IN EXILE OF DREAMS」 »

DUSKO GOYKOVICH 「GOOD OLD DAYS」

 昨日、隣の部屋で妻がまた「ひゃ~~~」の悲鳴、はいはい、何ですか、この度は、、、

 「いい旅夢気分」の再放送を見つけて録画してたらしく、観てたら自分が映っていたらしい(2/202/223/5)。ドラドラ、、、あら、ホントだ、小さく映ってる。

 ハ、ハ、ハ、、、嬉しいのはいいけど、何度もその場面を観て、座りながらピョコピョコ跳ね回るのは止めましょうね、怪しい動物みたい、、、

 ガックリと疲れきった、、、明日はお休み、改めて仕事と休みのありがた味が身に沁みますなぁ、、、今日はDUSKO GOYKOVICH 「GOOD OLD DAYS」の1曲目のタイトル曲が聴きたくなりました。哀愁をたたえる名曲。タイトル通り、過去の思い出に浸ってしまいたくなります。胸を締め付ける情感豊かなミュートの響き、静かに物思いに耽るには打ってつけですぞ!椎名豊のピアノがこれまた何とも美しく、静寂感に優しく包まれるような、ユッタリとした気分にさせてくれます。Dusko_goykovich_good_old_days_2

  1. GOOD OLD DAYS (GOYKOVICH)
  2. LITTLE TEO (GOYKOVICH)
  3. IN THE SIGN OF LIBRA (GOYKOVICH)
  4. SOMEDAY MY PRINCE WILL COME (CHURCHILL)
  5. HOW SENSITIVE (JOBIM)
  6. NO LOVE WITHOUT TEARS (GOYKOVICH)
  7. TOKYO SHUFFLE BLUES (GOYKOVICH)
  8. BALLAD FOR BELGRADE (GOYKOVICH)
  9. OLD FISHERMAN' S DAUGHTER (GOYKOVICH)

 1996年の作品。この頃のDUSKOはまだまだ今ほど知られた存在ではなかったように思います、この作品が人気が出る切っ掛けだったかもしれません。泣きの曲はさすがの貫禄で、3、6、8曲目もタイトル曲に負けない哀愁の美旋律です。

 できればジャケット、服までキメてくれればもっと良かった。でも雰囲気があってとてもジャズらしい、こういうのは最近あまり見かけませんね。

|
|

« MIKE CUOZZO 「MIGHTY MIKE」 | トップページ | IVAN PADUART 「IN EXILE OF DREAMS」 »

TRUMPET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/11422783

この記事へのトラックバック一覧です: DUSKO GOYKOVICH 「GOOD OLD DAYS」:

« MIKE CUOZZO 「MIGHTY MIKE」 | トップページ | IVAN PADUART 「IN EXILE OF DREAMS」 »