« JOHN CARTER-BOBBY BRADFORD QUARTET 「SEEKING」 | トップページ | AYDIN ESEN 「AYDIN ESEN」 »

THE BERT VAN DEN BRINK TRIO WITH RICK MARGITZA 「CONVERSATIONS」

 今週はCDは買わない、だから町には近づかないことにして、ウチでノンビリしながら掃除したり、洗濯したりを決め込みました。5月は色々欲しい物が出ちゃうんですよねぇ、今は余力を貯めておかないと、、、

 ゴールデン・ウィークか、、、今日はたまたまシフト上お休みですが、レコ屋時代同様に関係なし、逆に忙しい時期に突入したという事で明日から怒涛の10日間となりそう。さ~て、初めての繁忙期、どうなりますことやら、、、

 いい感じだ、切ないYOU MUST BELIEVE IN SPRINGが心に沁みます、THE BERT VAN DEN BRINK TRIO WITH RICK MARGITZA 「CONVERSATIONS」。MARGITZAのテナーは骨太というよりは洗練されていてロリンズよりもコルトレーンのタイプじゃないかな、彼の作品はもう一枚持っていますが、そちらはもう少し無機質な印象でそんなに好きにはなれなかったんですけど、本作は人の曲ばかりでミドル~スロー中心、全体的にも叙情を感じさせる、メロディに浸れるワン・ホーンです。The_bert_van_den_brink_trio_with_ri

  1. YOU MUST BELIEVE IN SPRING (LEGRAND)
  2. NAIMA (COLTRANE)
  3. LA CHANSON DES VIEUX AMANTS (BREL)
  4. HIS EYES, HER EYES (LEGRAND)
  5. ALL THE THINGS YOU ARE (KERN-HAMMERSTEIN)
  6. A CHILD IS BORN (JONES)
  7. SECRET LOVE (WEBSTER-FAIN)
  8. THE LOOK OF LOVE (BACHARACH)
  9. EMILY (MANDEL)
  10. BROTHER, CAN YOU SPARE ME A DIME (GORNEY)
  11. A HOUSE IS NOT A HOME (BACHARACH)

 ピアノのBERT VAN DEN BRINKはオランダの名手、盲目のピアニストで端正な響きが胸に響きます。彼のプレイが作品に艶を与えていますね、3曲目の麗しい入り方は心静まる素敵な演奏、リズム隊が入ってからの小気味良さと叙情的なメロディがすばらしい!8曲目も深遠な透明感を感じさせる演奏、お馴染みのメロディを徐々にドラマティックに盛り上げていきます、粘りを感じさせるリズム隊、感情迸るテナー、ん~~~、グッと来ますなぁ、、、

|
|

« JOHN CARTER-BOBBY BRADFORD QUARTET 「SEEKING」 | トップページ | AYDIN ESEN 「AYDIN ESEN」 »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/20626912

この記事へのトラックバック一覧です: THE BERT VAN DEN BRINK TRIO WITH RICK MARGITZA 「CONVERSATIONS」:

« JOHN CARTER-BOBBY BRADFORD QUARTET 「SEEKING」 | トップページ | AYDIN ESEN 「AYDIN ESEN」 »