« MEL TORME 「MEL TORME WITH THE MARTY PAICH DEK-TETTE」 | トップページ | HARRY BECKETT 「FLARE UP」 »

CASSANDRA WILSON 「BELLY OF THE SUN」

 せ、洗濯物が溜まりまくってる、洗いはしますが、干してる時間が作れない。妻は激務で朝早く、夜も遅い。私は更に朝が早く、早く帰ってこれれば一気に干しますが、たまに遅くなるとドッサリ溜まって干しきれない。毎日洗濯機は回さなければならないのでドンドン溜まる。困った、、、こんな時に乾燥機があればとても助かりますが、生憎そんな物を置く場所がない、私まで本格的な仕事の繁忙期に入ってしまったら、どうなっちゃうんだろう、、、何か対策を考えないといかんなぁ、、、

 先日、仕事の先輩たちにジャズのオリジナル・コンピを差し上げたら、まずまずの評価を頂いたので、調子コイてもう一枚作ったら自分でハマッってしまった。コレは我ながら出来がいいなぁ、、、なんつって、眠い目を擦りながらその日、二回もリピートして、かなり我褒めモードでした。(次の日早いんだから、早く寝ろって!)

 そのマイ・ジャズ・コンピに入れて、改めて聴き直したくなった作品がCASSANDRA WILSON 「BELLY OF THE SUN」。木枯らしが吹いて、通りを木々の枝が丸まって転がっていくシーンがありますよね(昔の西部劇によく出てくる印象、あの転がる枝はなんて言うんでしょう?)、勿論風景の色はセピア色、デルタ・ブルースを聴いた時にイメージする荒涼とした南部の風景が目に浮かびます。Cassandra_wilson_belly_of_the_sun_2

  1. THE WEIGHT (ROBBIE ROBERTSON)
  2. JUSTICE (CASSANDRA WILSON)
  3. DARKNESS ON THE DELTA (LIVINGSTON-NEIBURG-SYMES)
  4. WATERS OF MARCH (ANTONIO CARLOS JOBIM)
  5. YOU'VE GOTTA MOVE (MISSISSIPPI FRED McDOWELL)
  6. ONLY A DREAM IN RIO (JAMES TAYLOR)
  7. JUST ANOTHER PARADE (CASSANDRA WILSON)
  8. WICHITA LINEMAN (JIMMY WEBB)
  9. SHELTER FROM THE STORM (BOB DYLAN)
  10. DRUNK AS COOTER BROWN (CASSANDRA WILSON)
  11. SHOW ME A LOVE (CASSANDRA WILSON-JESSE ROBINSON)
  12. ROAD SO CLEAR (RHONDA RICHMOND)
  13. HOT TAMALES (ROBERT JOHNSON)
  14. CORCOVADO (ANTONIO CARLOS JOBIM)

 ディープ・サウスのノンビリとした時間の流れ、久しぶりに聴いて妙に心地良く心に響きます。どの曲を入れようか、とても迷いましたよ、渋々のブルース5曲目も良いし、素朴で明るい表情がホッとさせてくれる4曲目も好き、一番好きな曲は10曲目のオリジナル、マンドリンかな?エキセントリックなリフレインにスティール・パンが何ともいい味を出してます。パーカッションのリズム感が心地良く、思わずステップを踏みたくなりますな、粋な雰囲気にクーター・ブラウンのように私も酔ったりして、、、

 迷った挙句、選んだのは7曲目、コレも良いんだなぁ、、、愁いのあるメロディ、INDIA. ARIE、RHODA RICHMONDと切なげに歌を交わす、思いっきり浸れる素敵な曲。INDIA. ARIEは畑は違いますが大好きです!

 という事で本作はココ三日間のヘヴィ・ローテーション、ハマッております。

|
|

« MEL TORME 「MEL TORME WITH THE MARTY PAICH DEK-TETTE」 | トップページ | HARRY BECKETT 「FLARE UP」 »

VOCAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/20330478

この記事へのトラックバック一覧です: CASSANDRA WILSON 「BELLY OF THE SUN」:

« MEL TORME 「MEL TORME WITH THE MARTY PAICH DEK-TETTE」 | トップページ | HARRY BECKETT 「FLARE UP」 »