« THE BERT VAN DEN BRINK TRIO WITH RICK MARGITZA 「CONVERSATIONS」 | トップページ | PRESTON REED 「METAL」 »

AYDIN ESEN 「AYDIN ESEN」

Img_1035  春の東慶寺、何ともホッとします。好い天気だったし、、、Img_1037 Img_1046

 その近くにある素敵な雑貨店、GM . . (ジーエムツー)、匠の市で妻が見つけたところ。なるほど、コレはお金があれば買っちゃうな、私もこういう感じは好みだなぁ、、、Img_1030

 コレは今やかなりレア、私の持っているものもカット盤です。変な所にしまっていたので半年以上も、ない、ない、と自宅を探していました。AYDIN ESEN「Aydin Esen、端正なピアノ・トリオで肩がコラナイ、スッキリとした演奏がとても良いです。世間一般的には所謂エヴァンス・ライクな、と形容されてしまうんでしょう、この言葉、あまり好きではありません。売り手の都合の良い言い回しみたいで何となくこう表現されていると結構買わない(と言いつつ、レコ屋時代に2、3度使いましたけど、、、)。Aydin_esen_aydin_esen

 燃えあがるような興奮はないんですが、走る時はかなり饒舌で小気味良く、ミドル~スローでは美しいメロディ・ラインを堪能できる逸品。最初はレア盤ということで手を出したんですが、何度か聴く内に沁みこんで来ました。

 今日はどうしようかなぁ、、、何ていう時、その時の気分にもよりますがよく頭に浮かぶのが本作だったりします。だから半年以上見つからない時は結構ストレスが溜まりました。凄いインパクトはないけど良い作品、こういうものは大切にしていきたいですね、何とか出してもらえないかなぁ、、、

|
|

« THE BERT VAN DEN BRINK TRIO WITH RICK MARGITZA 「CONVERSATIONS」 | トップページ | PRESTON REED 「METAL」 »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

 よく、手に入りましたね。羨ましい。5月2日から6日まで、休みなく、会社の留守番。連絡不行き届きの担当者の後始末に閉口しましたが、今日はつかの間の休日。今日はおとなしく、ピアノ・トリオでも、聴きますかって、Jessica Williams いつながらのテクに気分はスキッと。このあとは、久しぶりにTubby Hayesでも聴きますか。全然繋がらない。これは、いつものこと。
 
 

投稿: ベンヤミン・スズキ | 2008年5月 7日 (水) 10時00分

 ベンヤミン・スズキさん
 またも大変返事が遅れてしまってすみません。ハードな日々が一段落着いてやっと気が付きました。
 本作はベンヤミン・スズキさんもきっとお持ちでしょうね、いい作品ですねぇ、再発したらきっと喜ばれると思うんですが、難しいんでしょうね、、、
 JessicaからTubbyですか、ははは、、、私も先日POUPIN TRIO(PIANO)~MATT LAVELLE TRIO(AVANGARDE)~MANOWAR(何故かHEAVY METAL)と行きましたよ。またどうぞ宜しくお願いします。

投稿: ジャズカバ | 2008年5月13日 (火) 19時47分

 関内で土曜にCD廃盤セールがあり、なぜか翌日の午後覗いたら、遂に見つけ、大枚をはたき、買いました。千載一遇のチャンスと思いました。明日再発されたら、目も当てられないですね。
 

投稿: ベンヤミン・スズキ | 2008年9月 2日 (火) 21時45分

 ベンヤミン・スズキさん
ご無沙汰しております、ジャズカバです。手に入れましたか、オメデトウございます、、、っと言って良いのかな?大枚をはたきって、一体幾らしたんですか?まず輸入盤での再発はないでしょうね、出るとすれば国内盤、ジョン・ウッドの「405 SOUTH」を紙ジャケで、タイトル、ジャケットも変えてリリースしたあのメーカーさん辺りが狙ってるんじゃないでしょうか、、、

投稿: ジャズカバ | 2008年9月 4日 (木) 04時44分

3枚分の価格。Gordon JohnsonがIgmodレーベルでないが出ていたのと、最近再入荷されたBenny Baileyの“On The Corner”が廃盤の方に200円ぐらい高く置いてあったな。店員が少し知識があれば、引っ込めるのにな。そういえば、Joe Kienemannの1994年盤がえらく高く出てました。もちろん買いました。横浜に積極的に入荷する担当者いなくなったので、関内で買うしかないのか・・・・。

投稿: ベンヤミン・スズキ | 2008年9月 4日 (木) 21時02分

 ベンヤミン・スズキさん
 ジャズカバです、3枚分ですか、キツイですね、ソレほどの価値が果たしてあるのかどうか、、、良い作品ですけどね。一人の人に6000円くらいの価格で売るより百人の人に2000円で売った方が確実に業界も潤うはずだと思うんですが、、、経費を差し引いてもね、百枚じゃロットが足らないか、、、世の中そんな作品ばかり、一部のインディ・メーカーさんは頑張ってますが、売る自信のない出口のレベルが上がらなければマァ、どうしようもないですな。色んな業界で言えることだと思いますが、日本人はちょっとお勉強が足らないですよ、又聞きだからホントの所どうなのかは知りませんが、お医者さんですらそうだということを耳にしました。
 Kienemannの1994年盤というと、BMGから出てたヤツですか、「ALL THAT JAZZ」ってヤツ、ちと地味ですが小粋で良い作品ですよね。私が手に入れたときは普通の値段でしたよ。

投稿: ジャズカバ | 2008年9月 5日 (金) 18時14分

 返事が遅くなりました。KienemannはBMGではなくてのでyvp盤。当たったけ?
 Enrico PiernunziもVol4,5が復活して、なぜかVol3以外は手に入りました。あの時3まで買っとけば・・・
 

投稿: ベンヤミン・スズキ | 2008年9月28日 (日) 23時05分

 ベンヤミン・スズキさん
 あれ?あれ??それではKienemannの「COME BE OR COME BOP」ですか?1997年の名盤。変だなぁ、此間持ってないのに気が付いて2000円くらいで買いましたけど。yvp盤って今そんな扱いなんですか、ダメだなぁ、現場離れるとすっかり浮世離れしちゃって、、、

投稿: ジャズカバ | 2008年9月30日 (火) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/20659546

この記事へのトラックバック一覧です: AYDIN ESEN 「AYDIN ESEN」:

« THE BERT VAN DEN BRINK TRIO WITH RICK MARGITZA 「CONVERSATIONS」 | トップページ | PRESTON REED 「METAL」 »