« MELODY GARDOT 「WORRISOME HEART」 | トップページ | JAMES CARTER 「PRESENTTENSE」 »

SIRONE BANG ENSEMBLE 「CONFIGURATION」

 すっかり早起きするのが体に馴染んでしまって、休みの日でも5時には起きてしまいます。この季節は日が長いので朝もとても気持ち良いですね。ウチの目の前は山があって新緑の季節らしい木々の色が眩しい、でもって、ホーホケキョ、ツピー、ツピー、ツピ、ピピピピ、、、色々な鳥の声が聞こえて来て、晴れた日はとても幸せな気分です。目の前で、カー、カー、も鳴いてますけど、、、鳥の声を聴きながらベランダで一服、ちょっとした寛ぎのヒトトキですな。

 で、聴いてるのがコレっていうのもどうも変なんですが、、、SIRONE BANG ENSEMBLE 「CONFIGURATION」、アヴァンギャルドです!CHARLES GAYLEのサックスが我が物顔に吹きまくる、BILLY BANGのヴァイオリンがこのセッションに陶酔させられるような浮遊感を感じさせます。TYSHAWN SOREYのドラムはフリー独特の揺れ動くような躍動感に溢れ、もう一人のリーダー、SIRONEは太い音でベースを奏でる縁の下の力持ち、オレが、オレがと前に出ては来ません。Sirone_bang_ensemble_configuration

 1曲目JUPITER'S FUTUREの次第に凶暴になっていくドラミングとアルコで狂気を帯びるベースがかなり不穏な空気を醸しだしています、3曲目WE ARE NOT ALONE, BUT WE ARE FEWは更に不安に駆られるダークな雰囲気、朝っぱらから何を聴いてるんだと私のジャズ師匠なら苦笑いするでしょうね。でも何だかサウナから上がってきた後のようなスッキリした気分に似てます、体から悪いものが汗と一緒に流れ出ていったような感じですな。

 ちょっと聞きなれない方にはキツいところもあるとは思いますが、意外とメロディは分かりやすい、私としてはもっとダムが決壊した様な怒涛の攻撃があったらもっと良かったんですが、BILLY BANGのヴァイオリンがMAGMA時代のディディエ・ロックウッドを思い出させてくれて、コレはコレで好きな作品。

|
|

« MELODY GARDOT 「WORRISOME HEART」 | トップページ | JAMES CARTER 「PRESENTTENSE」 »

FREE AVANTGARDE SPIRITUAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/21028566

この記事へのトラックバック一覧です: SIRONE BANG ENSEMBLE 「CONFIGURATION」:

« MELODY GARDOT 「WORRISOME HEART」 | トップページ | JAMES CARTER 「PRESENTTENSE」 »