« e. s. t. 「TUESDAY WONDERLAND」 | トップページ | JOHN LETMAN 「THE MANY ANGLES OF JOHN LETMAN」 »

THE ART FARMER QUARTET FEATURING JIM HALL 「TO SWEDEN WITH LOVE」

 またパソコンの調子が悪い、ネットとメールがかなり重症、去年高いお金を払って直したはずなのに症状は全く同じです。今はちょっと開いたので隙を縫って記事を書いています。ストレス溜まるなぁ、、、

 で、今日も休みなんですが、やはり雨、休みの日の降水確率がまた上がってしまった。会社の先輩にも気が付かれて、「雨男」の異名を頂戴してしまった。

 社会復帰してからお休みを24日間頂いていますが、にわか雨を含めると大体17日間は降られています。降水確率71%、凄い確率だと思いませんか?

 ライナーによるとかなり仲は悪かったようです、でも音楽的な相性はピッタリ。その瑞々しさと哀愁のメロディを優しげに奏でる二人のコンビネーションは絶妙、聴く者の心に寛ぎと切ない余韻を残します。久しぶりに聴いちゃったなぁ、THE ART FARMER QUARTET FEATURING JIM HALL 「TO SWEDEN WITH LOVE」The_art_farmer_quartet_featuring__2

  1. VA DA DU ? (WAS IT YOU ?)
  2. DE SALDE SINA HEMMAN (THEY SOLD THEIR HOMESTEAD)
  3. DEN MOTSTRAVIGE BRUDGUMMEN (THE RELUCTANT GROOM)
  4. OCH HOR DU UNGA DORA (AND LISTEN YOUNG DORA)
  5. KRISTALLEN DEN FINA (THE FINE CRYSTAL)
  6. VISA VID MIDSOMMARTID (MIDSUMMER SONG)

 全曲スウェーデンの民謡で、その美しいメロディ・ラインとFARMERの柔らかいフリューゲルホーンの響きが郷愁を誘います。寄り添うように、ちょいとブルーなHALLのギターが堪らなくいい!こんなに呼吸もピッタリで優しげな演奏をする二人が犬猿の仲とはとても考えられませんね。

 本作で忘れてはいけないのがドラムを叩くPETE LaROCA、一歩間違うと甘ったるくなりそうな所をピリッと引き締めてジャズのスウィング感を感じさせてくれます。

|
|

« e. s. t. 「TUESDAY WONDERLAND」 | トップページ | JOHN LETMAN 「THE MANY ANGLES OF JOHN LETMAN」 »

TRUMPET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/21386435

この記事へのトラックバック一覧です: THE ART FARMER QUARTET FEATURING JIM HALL 「TO SWEDEN WITH LOVE」:

« e. s. t. 「TUESDAY WONDERLAND」 | トップページ | JOHN LETMAN 「THE MANY ANGLES OF JOHN LETMAN」 »