« MANNY ALBAM 「JAZZ GREATS OF OUR TIME VOL. 2」 | トップページ | THE NAIROBI TRIO 「STRAIGHT AHEAD」 »

STEFANO DI BATTISTA 「STEFANO DI BATTISTA」

 暑い~~~!遂に関東でも梅雨明けですか、雨降ったような、降らなかったような、、、

 一昨日、久しぶりに昔の仲間と一杯やりました。仕事の後に約束して六時ごろから夜中の一時まで飲んで、流石にフラフラ、家まで千鳥足で帰ってきました。ベルボトム穿いてかなり怪しげに見えただろうな、、、

 ダニエーレ・スカナピエコの新作、なかなか良いですね、先ずは安心。

 ところが聴き進めて行くうちに何故かどうしても聴きたくなったアルバムが出てきてしまってレヴューは後回し。それは何かといいますとSTEFANO DI BATTISTA「STEFANO DI BATTISTA」この人はアルトも熱いですがソプラノがすばらしいですよね!ダニエーレの新作でもガッツリ吹いてますが実を言えば何か物足りない、、、「パーカーズ・ムード」は良かった、でもその後の「トラブル・シューティン」があまりピンと来ませんでした。凄いメンバーだったんですけど、、、ダニエーレの新作で何かSTEFANOに対するモヤモヤを飛ばしたかったんですが、残念ながら「いや、もっと凄いはず、、、」が頭に浮かんで離れませんでした。

 本作の魅力はSTEFANOが面白いくらいノビノビとした演奏を繰り広げていることですね、可能性は無限大、オレは何処までも拡がって行くぜ、みたいな歌いっぷりが物凄い快感です!そんな彼を支えているのがエレガントなJACKY TERRASSONのピアノと今は亡き空間の魔術師ELVIN JONES、この二人がSTEFANOを解き放っていたんだなぁ、なんて改めて思います。Stefano_di_battista

  1. ELVIN'S SONG
  2. JOHNNY'S TIME
  3. NICO'S DREAM
  4. YOUR ROMANCE
  5. LITTLE RED RIBBON (TERRASSON)
  6. ADDERLEY
  7. HALL
  8. SONG FOR FLAVIA (BONACCORSO)
  9. TIME FOR A SOLO
  10. ANASTASIA
  11. CHICAGO (TERRASSON)
  12. LIKE A TURNER
  13. SOLO

 ヤッパリ聴いていて感じられる絶対的な自信。オレがジャズ・シーンの牽引者なんだ、という自負が滲み出ていませんか、それがいい。

 私が初めて聴いてスゲ~、、、と思ったのが1曲目、メロディもすばらしいですが、こんなに飛翔してしまうソプラノはコルトレーン以来だ!と思っちゃいましたよ、しかもドラムがELVIN、飛ぶしかないですね!

 アルトでも勿論飛翔します、6曲目、何て自由なんだろう、、、吹き倒す圧倒的なパワーが漲ってます、今をときめくFLAVIO BOLTROの影すら薄い。9曲目もアルト・ワン・ホーンでひたすら歌いまくる自由な演奏、TERRASSONのプレイも勢いがあります!

 ボーナス・トラックだった13曲目の無伴奏アルト・ソロの力強く叙情的なプレイで完敗です。

 ふー、、、どうかもう一度自由に飛ぶ演奏を聴かせて欲しいものです、、、

|
|

« MANNY ALBAM 「JAZZ GREATS OF OUR TIME VOL. 2」 | トップページ | THE NAIROBI TRIO 「STRAIGHT AHEAD」 »

SAX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/22315610

この記事へのトラックバック一覧です: STEFANO DI BATTISTA 「STEFANO DI BATTISTA」:

« MANNY ALBAM 「JAZZ GREATS OF OUR TIME VOL. 2」 | トップページ | THE NAIROBI TRIO 「STRAIGHT AHEAD」 »