« LENARD FEATHER PRESENTS 「BOP」 | トップページ | JOHNNY GRIFFIN 「NIGHT LADY」 »

LEE MORGAN 「DIZZY ATMOSPHERE」

 ちょっとガックリ来てるなぁ、、、既に夏バテ気味です。只今年の夏、実は昨年までより、暑いと感じていません。あれ?多分書いてないですよね、何故かというと職場が空調の効いてないモ~レツに暑い場所だから。だから休憩中に外に出てちょっとでも風を感じたりすると、涼しい~~~!何て事になります、気温は30度を越えてると思うんですが。

 昨年までとの大きな違いは酷い寝汗をかかない事。前は6月でもちょっと暑いと感じると、イヤ~な汗が頭から首にかけてジワジワ、タラ~リ、、、気持ち悪い!と起き出してクーラーのある部屋に逃げ込み、そのまま朝になって、何となく寝不足だわ、クーラーに当りすぎたせいで体の調子が益々悪いわ、クーラーの部屋から出ると途端にベッタリした汗が出てくるわで完全な袋小路に迷い込んでました。

 今年は職場で大汗をかいて悪いものが全部体から出て行くような感じだし、寝てる時は疲れ切って死んだように寝込んでしまうので、多少寝汗をかいても気が付かない、クーラーに必要以上に当らなくて済んでます、要するに体の調子が良いんですな、疲れてはいますけど。

 JAZZBEAT RECORDSからタイムリーな復刻、LEE MORGAN 「DIZZY ATMOSPHERE」、持ってませんでしたからね。ディジー・ガレスピー楽団のメンバーがそのツアー中に録音したハード・バップの傑作!今ではLEE MORGANのリーダー作扱いになってますが、録音された当時はリーダー不在のジャズ・セッションとして録られたのは明らか、各人がノビノビと演奏を楽しんでる様子が窺えますね。と言うか、飽くまでこの時の彼らのリーダーはここにはいないガレスピー、タイトルには彼らのリーダーに対する敬意が示されてるんじゃないかな。Lee_morgan_dizzy_atmosphere

  1. DISHWATER (ROGER SPOTTS)
  2. SOMEONE I KNOW (ROGER SPOTTS)
  3. D. D. T.  (ROGER SPOTTS)
  4. WHISPER NOT (BENNY GOLSON)
  5. ABOUT TIME (ROGER SPOTTS)
  6. DAY BY DAY (CAHN-STORDAHL-WESTON)
  7. RITE OF SPRING (ROGER SPOTTS)
  8. OVER THE RAINBOW (ARLEN-HARBURG)
  9. WHISPER NOT (ALT. TAKE)
  10. REGGIE OF CHESTER (BENNY GOLSON)
  11. BLUES AFTER DARK (BENNY GOLSON)
  12. A BID FOR SID (LEE MORGAN)
  13. SUSPENDED SENTENCE (WAYNE SHORTER)
  14. MINOR STRAIN (BOBBY TIMMONS)

 先ずはスカッと軽快にスウィングするWYNTON KELLYのピアノでジャズ魂に火を点けられる1曲目で気分は最高です!MORGANの張りのあるプレイが枯れることなく歌いまくり、ガッツ溢れるBILLY ROOTのバリトン、軽快で分厚く歌うAL GREYもカッコいい!ちょっとGREYのソロがカットされているのが残念ですが、この雰囲気こそジャズの快楽ですね!

 2曲目のBILLY MITCHELLの燻し銀のテナー、そう、隠れた名手、二人のBILLYのすばらしい演奏が聴けるのも本作の醍醐味ですね!再び奔る3曲目でもBILLY MITCHELLは快調です、4曲目はBENNY GOLSONの名曲、ジワジワと渋い雰囲気がハード・ボイルド、MORGANのミュート・プレイが光ります!

 サックリとスウィングする7曲目、ソロと折り重なるアンサンブルの妙とテーマ・メロディの良さ、本作ではちょっとした小唄的な位置ですが凄く好き、何だかとても気持ちがいい曲です。最後は8曲目でシットリと。ココでもBILLY MITCHELL、滑らかで甘いプレイにホロリと来ます。

 9曲目以降はボーナス・トラック、よく調べていないので判りませんが、お宝なのかな、、、アルバムの構成としては8曲目で終わる方が心地良いので、今はとりあえず9曲目以降は気が向いた時に聴くことにします。

|
|

« LENARD FEATHER PRESENTS 「BOP」 | トップページ | JOHNNY GRIFFIN 「NIGHT LADY」 »

JAZZ SESSION」カテゴリの記事

コメント

ミッチェルとグレイのコンビは日本では受けない部類ですね。アーゴ盤も出ていましたけど、「幻」?。と言うより、日本で受けないから、相手にされず、出されなっかったのがなんでも出してしまうブームで数枚出たということでしょうか。それはそれで、面白いけど、日本のジャズを聴く方々は、どう思っているだろう。「駄盤でも本に載れば幻の名盤」ということなのでしょうか。

投稿: ベンヤミン・スズキ | 2008年8月 2日 (土) 11時31分

 ベンヤミン・スズキさん
 「駄盤でも本に載れば幻の名盤」、う~ん、難しいところですね、幻の名盤と言われちゃうと私も買っちゃいますから。そういう本に踊らされてる日本人のジャズの聴き方ってどうなの?ってことですよね?
 私はこう思います。幻の名盤と人は言っても、聴いて好きになれない、かっこ悪い、大したことない、そう思う感性を養えれば、自分にとって駄盤でも構わない。珍しいものばかりをコレクションして、どうだい、凄いだろ?何て自慢するつもりはありません、珍品集めをする人達とは求めているものが違うんですね。「コレは最近見かけないから、内容は兎も角幻の名盤と呼んでしまえ作品」は確かに多いんでしょうね、リリースすること自体は大いに歓迎しますが、何でもかんでも幻の名盤と呼ぶのは白けますな。
 ちょいと長くなりました、また宜しくお願いします。

投稿: ジャズカバ | 2008年8月 7日 (木) 08時07分

関内でよせばいいのに、CD探し。ARGO盤のGENE SHAWの“BREAK THROUGH”が再発されていたので、買ってしまった。ミッチェル=グレイコンビと同じように、「幻」の重量盤で出たときに、買った1枚。「彗星のトラムペッター」でしたけ。「ム」がなんとも言えない時代を感じさせます。ジャケットのSHAWの吹く姿のかっこよさ、内容もさることながら、持っているとこれぞ、シカゴのジャズって感じです。

投稿: ベンヤミン・スズキ | 2008年8月12日 (火) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/22602334

この記事へのトラックバック一覧です: LEE MORGAN 「DIZZY ATMOSPHERE」:

« LENARD FEATHER PRESENTS 「BOP」 | トップページ | JOHNNY GRIFFIN 「NIGHT LADY」 »