« PAT MARTINO 「LIVE !」 | トップページ | HAL McKUSICK 「EAST COAST JAZZ SERIES NO. 8」 »

LOREZ ALEXANDRIA 「FOR SWINGERS ONLY」

 あまりにも体のサイズが変わってしまったので流石にジーパンがユルユル、「ちょっと、見っとも無いから何か買ってきたら。」と妻に言われて先週、一本ジーパンを買いました。

 試着もしてみて、カッコいいかな、、、と思えたので買ってはみたんですが、何か心に引っかかる。自分の好きなスタイルってこうだったっけ、、、何か違う、、、よ~く考えてハッと思いつく、ベルボトムが穿きたい!そうだ、昔は体にフィットするヤツが好きだった、ベルを穿いてる人を見るとカッコいいなぁ、なんて思ってた、でもどこで手に入るのか調べたこともなかったので穿いたことがない。年取ってからはユル~イのばかり穿いていた、ひょっとして今がベルを経験する最後のチャンスなんじゃないか、、、

 居ても経っても居られずに大手ジーンズ店を周ってはみるものの、100%「ウチは扱ってませんねぇ、、、」の答え、そうか、、、ベルってそういう扱いなんだなぁ、、、それではネットで当ってみると、あるにはある、でも大手ジーンズ・メーカーのベルはご挨拶程度で何となくピンと来ない。何故なんだろうなぁ、、、売れないのかなぁ、、、

 では、改めて検索ワードをベルボトムに絞ってみると、おや!渋谷に専門店があるぞ!ホーム・ページに入ってみると、来た!!これだ!!正にイメージはピッタリ!うわ、何て美しいシルエットなんだろう、カッコいいなぁ、色んなのある、でも私でも穿けるんだろうか、、、

 ココでは敢えてお店の名前は出しません、許可得てないし、、、判る人には直ぐ判っちゃうでしょうね!長くなりそうなので明日続きを書きます。

 世間ではこの作品のCD化をなんて言うんだろう、まぁ、本作の存在を知らなかった私がとやかく言うことではありません。非常に心地が良いです、LOREZ ALEXANDRIA 「FOR SWINGERS ONLY」。只、ジャズ・クラブ・シーンで云々言われちゃうと何となく退くジャズ・ファンも多いのではないでしょうか、ジャズ・クラブ・シーンだけで収まるような歌い手ではないと思うんですが、、、Lorez_alexandria_for_swingers_only

  1. BALTIMORE ORIOLE (CARMICHAEL-WEBSTER)
  2. LITTLE GIRL BLUE (RODGERS-HART)
  3. ALL OR NOTHING AT ALL (LAWRENCE-ALTMAN)
  4. TRAVELLING DOWN A LONELY ROAD (GALDIERI-ROTA-RAYE)
  5. MOTHER EARTH (CHATMAN)
  6. LOVE LOOK AWAY (RODGERS-HAMMERSTEIN)
  7. THE END OF A LOVE AFFAIR (REDDING)
  8. THAT OLD DEVIL CALLED LOVE (ROBERTS-FISHER)

 今、2曲目を聴きながら、かなり恍惚としています。小気味良くスウィングするのも好きなんですが、LOREZにはスローで切々と歌われてしまう方が好きですね。3曲目で初めて気が付きました、ベースの鳴りがカッコいいと思ったらJIMMY GARRISONだったんですね!力強いウォーキング、LOREZ独特の艶やかな歌いっぷりがグッと胸に迫りますね、RONALD WILSONのフルートがLOREZの声とは対照的にヒョイヒョイととても軽やか、コントラストの妙ですな!ブルース・フィーリングが堪らない5曲目、ウラで転がすピアノのJOHN YOUNG、R & Bの歌心があるWILSONのテナーが良いです。JOHN YOUNGはピアノの名手でありながらシカゴからは離れなかったので日本では知る人ぞ知る幻のプレイヤー、シカゴという土地柄か、アーシーなフィーリングを感じさせつつ、洗練された雰囲気もありますね、アレンジャーとしてもちょっと一味違う個性が出る才人です。

 1曲目が人気曲なんだそうな、一定のリズムを刻むシンバルと変わったベースのリフレインをバックに自由に飛び回るフルート、静寂感が何処か漂うLOREZの歌声、スピリチュアルな雰囲気です。

|
|

« PAT MARTINO 「LIVE !」 | トップページ | HAL McKUSICK 「EAST COAST JAZZ SERIES NO. 8」 »

VOCAL」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂いています。
LOREZ、私も最も好きなヴォーカリストの一人です。
いいですよねぇ。そうです、特にバラードが。
クールでモダン、都会的でお洒落、歌い方、声がいい
(褒めすぎでしょうか??)
彼女のレコードは全て好きですが、私が最も好きなの
は、バラードが素敵な”Deep Roots"(Argo)で、
(私的)代表作だと思っています。
(一般的には、The Greatですが)

話は変わりますが、ジャズカバさんが紹介されて
いますU.K.ジャズで、ALAN SKIDMORE「ONCE UPON
A・・」とか、「TCB」等、あと、ミュージシャンと
してJHON TYLOR(P),JOHN SURMAN(ts,ss)等etc・・・、
硬質で知的でアグレッシブ、今聴いてもゾクゾクします。
私も大好きです。

お好みが同系です。

話が長くなり失礼しました。

投稿: JAZZきち | 2008年7月 8日 (火) 22時31分

 JAZZきちさん
 初めまして、ジャズカバです。良いですよねぇ、LOREZ。私も”Deep Roots"大好きです!1曲目のNATURE BOYから来ますよね!JOHN YOUNGのアレンジもカッコいいし、HOWARD McGEEが渋い!いつか書いちゃおうと思ってます。
 この頃の英国モノは色んなジャンルの連中がファミリー・ツリーで繋がっていって非常に興味深いですね、フリー、ハード・バップ、ロックまでやれちゃうよ的な、垣根のないところが面白い音楽を生み出していたと思います。沢山は持っていませんがコチラの方もまだMICHAEL GARRICK等、書きたい人がいますのでその内書こうと思っています。またどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: ジャズカバ | 2008年7月10日 (木) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/22136384

この記事へのトラックバック一覧です: LOREZ ALEXANDRIA 「FOR SWINGERS ONLY」:

« PAT MARTINO 「LIVE !」 | トップページ | HAL McKUSICK 「EAST COAST JAZZ SERIES NO. 8」 »