« LARS LYSTEDT SEXTET 「JAZZ UNDER THE MIDNIGHT SUN」 | トップページ | HENRYK MISKIEWICZ & SIMPLE ACOUSTIC TRIO 「LYRICS」 »

JERRY BERBONZI 「JUST WITHIN」

 水曜日から仕事が再開。いいよ、気持ち良いねぇ、目的のない長い休みなんて草臥れるだけですね、早く休みが終わらないかな~、なんて思ってました。

 パートのレディ・ウルフさん達が沢山お盆休みを取っていて、おいおい、いきなり大変なことになっているじゃないですか、小繁忙期みたいな忙しさ、でもお盆くらい休みたいよねぇ、コレは仕方がない、ということで頑張るしかない!忙しいほど燃えてくる!!さぁ、明日も大変だぞ~!

 私は楽器はやりません、でも楽器をやる人からは絶大な信用を受けている人の一人がこのJERRY BERBONZI、アドリヴがすばらしいんだそうな、音符で演奏の云々を考えたことがないのでイマイチ判らないことが多いですが、ストレートに歌うテナーは素人でもカッコいいと思います!Just_within

 「JUST WITHIN」はその昔師匠が勧めてくれたもの、1997年の作品。躍動感のあるオルガンをバックにテナーがパワフルに歌う、ドラムもズドン、ズドンと気持ち良いですぞ!昨今ピアノ・トリオをバックのワン・ホーンが主流になっているようですが、本作はオルガン、自由なプレイで空間を自在に操るような雰囲気、スリー・ピースの醍醐味がありますな。多くは語れませんが、強力に歌うテナーでありながら知性を感じる、計算された理性的な表情を持ちながら聴き手を巻き込むような情熱的な演奏が良い、燃えてきますよ!

 コルトレーン云々はきっと言われるでしょう、まぁ、それはそれで。こういうギラギラした演奏は最近あまり出会えませんね。

|
|

« LARS LYSTEDT SEXTET 「JAZZ UNDER THE MIDNIGHT SUN」 | トップページ | HENRYK MISKIEWICZ & SIMPLE ACOUSTIC TRIO 「LYRICS」 »

SAX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/22984727

この記事へのトラックバック一覧です: JERRY BERBONZI 「JUST WITHIN」:

« LARS LYSTEDT SEXTET 「JAZZ UNDER THE MIDNIGHT SUN」 | トップページ | HENRYK MISKIEWICZ & SIMPLE ACOUSTIC TRIO 「LYRICS」 »