« GIOVANNI MIRABASSI 「OUT OF TRACK」 | トップページ | BROWNE HAYWOOD STEVENS 「KING, DUDE & DUNCE」 »

MARTY PAICH 「I GET A BOOT OUT OF YOU」

 我が社の専務はさ、とても細やかな人で、自分が使っているスタッフに大変気を使う人。上機嫌、不機嫌、、、仕事上ソリャ色々あるさ、、、ムカつく話も取引先から言われるだろうし、苦しい現状をどうプラスに展開していくか、何て考えて頭を悩ます事もあるでしょう、、、

 でも、俺らにはそういう悩みや苦労は極力見せないように凄く自分を制御して、明るく振舞おうとしてくれます。勿論、専務のイメージするレベルをはっきりアナウンスしてくれて、俺らにガツンとリクエストしてくれたりもします。イイよね、こういうのって、、、だから、任されている仕事に関しては即答できるように、常に準備をしておかなければいけません、当たり前ですよね、そんなこと、、、だって任されているんだから、、、

 そういう方なので、会社として取引先やら何やらの関係上、色んな引き出物が挨拶代わりに送られてくるみたいなんですが、そういうものはぜ~んぶスタッフに分けてしまう人なんです。それ以外にも、「チョット出張行って来たから、、、」と言っては何かとお土産をくれる。何て心遣いをする人なんだろう、、、とちょっと驚かされます。あっ、こんな風に言うと、モノをくれるからイイ人って言ってるように聴こえちゃいますね、そうじゃなくて人の立場に自分を置き換えて物事を考えられる人、だから心遣いが温かく感じられるんだな。

 今回は凄く美味しそうな醤油を頂きまして、、、こういうものって凄く有り難いです。毎日使っているものですし、どう考えたって腐らせない。しかも良いものならジックリ味わいたい。嬉しいねぇ、、、以前にも高級な醤油やお酒等など、何かというと「チョットおいで」といっては分けてくれます。何だか恐縮です、貰ってばかりじゃ悪いんで、個人的に滅茶ウマのケーキを差し上げたりしましたけど、、、食べ物に気を使っている最中なのに喜んで食べてくれました。いや~、良い人だよなぁ、、、

 また買っちゃった、、、コレで3枚目。MARTY PAICH 「I GET A BOOT OUT OF YOU」、所謂「お風呂」ですね。だって、SHM-CDって気になってたものですから、ついつい、、、Marty_paich_i_get_a_boot_out_of_you

 楽器の音の輪郭がよりハッキリしたように感じます、しかもナチュラルに響く。まだ爆音で聴いてないですが、音を大きくしてもきっと煩く感じないんじゃないでしょうか。また少しアナログに近づいたように思います。

 デジタル・リマスターだ、24BITだとココ10年以上前からよく出ますが、意外とアララ、、、となるCDって多いんですよね、エンジニアの好みがモロに出ちゃって、バランス悪!ウルさ!っていうのが結構あったりします。例えば、スコット・ラファロのベースなんだからちょっと強調してみるみたいな感じ(実際どうやってるのか見た事ないですけど、、、)。酷かったのは普通のボリュームなのにベースがビリビリ割れちゃって、何でやねん!となったエヴァンス・トリオの諸作品。あったなぁ、、、一応いまだに持ってます、気持ち悪いから聴いてないけど、、、

 化学調味料で味覚中枢を刺激して、美味しいと勘違いさせてから、素材本来の味を誤魔化しちゃうっていうのに似てますね。ベースがでかい=音が良い、ではないと思う(この場合ベースが化学調味料か、、、)。全ての楽器がナチュラル且つバランスよく耳に響く、私にとってはコレが素材本来の味を味わうという事(おおっ、今日は何だか語っちゃってるな、、、)。高音質を実現することは飽くまで、残されたマスターをいかに復元して、原音に近い状態で聴く事が出来るか、であって欲しい。まるで古代の遺跡や中世の絵画を修復するかのようにネ、化学調味料は要らないですよ。

 アレ、作品については一切書かなかったな、大名盤です!!(チョット誤魔化しました、、、)

 以前に紹介しました「THE BROADWAY BIT」(踊り子)も買ってしまいまして、完璧に金欠です。

|
|

« GIOVANNI MIRABASSI 「OUT OF TRACK」 | トップページ | BROWNE HAYWOOD STEVENS 「KING, DUDE & DUNCE」 »

ARRANGER」カテゴリの記事

コメント

SHMも単にメリハリ効かせただけの感じに聞こえます。オーディオ雑誌も今更酷評し始めましたよ…酷い

陰影感が薄まるだの素材変えただけではCDの壁は超えられないだの

単に光学特性が違うから特性がずれて変わった音になるだけとか

二度と買いませんわ

失礼しました。

投稿: 敏@jp | 2008年12月16日 (火) 12時42分

 敏@jpさん
 コメントどうも有り難うございます、ジャズカバです。フムフム、、、なるほど、そんな酷評も出てきてるんですね、難しいなぁ、、、
 私は「お風呂」と「踊り子」に一歩前進を感じたんですが、、、音質を追及し出すと大変ですよね。フッと気が付くと自分が何を聴いているのか判らなくなる時があります。「音」を楽しんでいるのか「音楽」を楽しんでいるのか、、、きっとその両方なんでしょうけど。
 出来れば、原音が忠実に再現される事、しかもその音は自分にとって気持ちのいいものであれば嬉しいですね。またどうぞ宜しくお願いします。

投稿: ジャズカバ | 2008年12月16日 (火) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/25965781

この記事へのトラックバック一覧です: MARTY PAICH 「I GET A BOOT OUT OF YOU」:

« GIOVANNI MIRABASSI 「OUT OF TRACK」 | トップページ | BROWNE HAYWOOD STEVENS 「KING, DUDE & DUNCE」 »