« JOHN COLTRANE 「LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD」 | トップページ | GIANLUCA RENZI 「CHARLES & JOE」 »

LUIGI MARTINALE 「LE SUE ALI」

 WBC、一応勝ちましたが、どうも釈然としない感じでしたね、イチロー選手にばかり注目が行っていたようですが、問題はそんなことじゃなかった。全体的にピリッとしない雰囲気でソレが試合中も漂っていた事の方が危険です。勿論イチロー選手が当っていたら盛り上がっていたんでしょうけど、今は彼が当っていない分、誰かがココゾとばかりに前に出てこないと。

 北京五輪の負の影響をまだ引きずってるようなチームの雰囲気でしたね、前にイチローさんが言ってましたね。「オリンピックのリヴェンジなんて考えているのなら意味無い。」みたいなことを。一応ディフェンディング・チャンピオンなんだから、横綱相撲で行って欲しいものです。「俺等は滅茶強い!なに?文句ある?」みたいな感じ、、、侍ジャパン!「スラム・ダンク」を読みなさい!!(あの漫画は司馬遼太郎の「竜馬が行く」と同じくらい人生の必読本ですな!)

 間違いなく勝ち上がってくる韓国との戦、このままで大丈夫だと思います?原監督も何気に頭が痛いでしょうね。

 私の愛聴盤、「SWEET MARTA」って、ピアノ・トリオの隠れた名盤なんだ、、、結構気に入って買ってくれたお客様多かったんですけど、、、

 LUIGI MARTINALE 「LE SUE ALI」、久々の新作です。彼の「SWEET MARTA」はホントに良い作品よ。Luigi_martinale_le_sue_ali

 本作は、「SWEET MARTA」の時に感じた麗しさとか、盛り上がっていく時の叙情の発露とか、そういう意味ではかなり来た!って感じです。デモね、美しいんですけど熱くなりすぎないところが良いんですよ、頭に冷えたところがある分、その美しさをナチュラルに捉えることが出来るとでもいうんですかね、、、

 何だろう、、、凄く伸び伸びした雰囲気だなぁ、ベースのDREW GRESSの参加は非常に大きいようですが、そのせいか、ピアノの歌いっぷりに迷いみたいなものを感じないです。飽くまで私の印象ですけど、、、

 細かい曲のレヴューは、今はちょっと出来ません、、、アルバム全体が一つの曲のようで、流れに身を任せている段階です。制作サイドの意向みたいなものが感じられないのが嬉しい。2005年の録音、国内盤ですが日本人はほとんど関わってないですね、だから良いんだ、、、

|
|

« JOHN COLTRANE 「LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD」 | トップページ | GIANLUCA RENZI 「CHARLES & JOE」 »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ここに来ると何にコメントしていいのかわからなくなります。
好きなものが沢山あって、帰れなくなる。。
あちこちさまよって、結局、退館したりします。

人に嫌な思いをさせようとしたり、自分と意見が違う者を排除しようとしたり、、
自分中心の傲慢な棘のある言葉が氾濫する昨今ですが、、こういう音楽を聴くとほっとします。

投稿: すずっく | 2009年4月23日 (木) 09時29分

 すずっくさん
 いつも有難うございます。ジャズカバです。いつも頂いているばかりで、コチラからすずっくさんのお宅にお邪魔して、何らかのお礼とでも言いますか、アプローチをしてグッと盛り上げて差し上げたいなどと思っているんですが、なかなか出来なくて大変申し訳ありません。

 今は世知辛い世の中でございます、そんな中、私などは沢山の年配の方々の昔のお話などが聞ける訳で、大変勉強というか、何というんでしょうね、「寛容さを知る」というのかな、そういう心のあり様を御指導、御鞭撻頂ける環境にいるわけです。

 コレってとても幸せな事だと思うんですよね、今の世の中は人様をちょっとした事で鬼の首でも取ったかのように批判する傾向が強いように感じるんですが、些細な事でも「確かにマズイよ、でもまぁ、そんなこともあるよな。」ってな気持ちになれるわけです、人生の酸い甘いを経験してきた人達の話を聞くとね。
 
 今の10代、20代の若者達にもそんな年配の方たちの話を普通に聞ける世の中であって欲しいなぁ、、、なんて思ってしまうのですよ。

 マジ話でお返ししてしまいましたが、またどうぞ宜しくお願い致します。
 

投稿: ジャズカバ | 2009年4月24日 (金) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/28498530

この記事へのトラックバック一覧です: LUIGI MARTINALE 「LE SUE ALI」:

« JOHN COLTRANE 「LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD」 | トップページ | GIANLUCA RENZI 「CHARLES & JOE」 »