« FABRIZIO BOSSO &FLAVIO BOLTRO QUINTET 「TRUMPET LEGACY」 | トップページ | イチロー開幕! »

PIETRO LOMUSCIO TRIO 「STANDARD SUITE IN Bb MAJAOR」

 ソダーバーグ監督の「CHE」の二部作を観ました(映画です。)。チェ・ゲバラという人は自分に厳しい人だったんですね、彼については名前は知ってる程度で、実際どういうことをやって、何故伝説の人なのか全く知らなかったものでしたから、非常に興味を持って観に行きました。

 っと言うか、「28歳の革命」は2月頃観ていたんですが、「39歳の手紙」は忙しくて見逃してまして、先日遂に観る事が出来たんですが、、、Image0042 Image0045

 二部作を観て遂に自分の中で完結した答えは、チェ・ゲバラという人は絶対妥協をしない人、只の理想主義者ではなく、実行とそのための努力を惜しまない人、、、凄い人がいたものです。

 素晴らしい理想を口にする人は世の中に今でも沢山いますけど、他人にその実現を丸投げせずに自分の力で成し遂げようと行動する人は滅多にいませんね(身近な話でもいい、会社でも、家庭のことでも、立派な能書きは垂れるけど、何もやろうとしない輩は多いですよね。)、チェ・ゲバラって人はソレこそ自分の信じるモノに命を捧げた人だったんだなぁ、、、

 只ちょっと考えてみる、彼は自分に厳しい分、人、特に仲間にも厳しい人だったようですね、いや、自分に厳しい人だけが人にも取れる態度だし、そうあるべきだと思います、、、

 今の我々に彼の厳しさを理解するのは正直言って難しい、、、ちょっとついていけないかも、、、でも何か憧れの目で見てしまうのも確かだな、、、何だろう、この纏まらない気持ちは、、、

 もし、ボリビアで処刑されずにフィデル・カストロさんと同じように長生きしてたら彼は何をやっただろう、、、少なくとも社会主義、共産主義に対する、私が子供の頃に抱いていた恐怖感というものは、より柔らかになっていたような気がします。チェ・ゲバラという人は日本でいえば、坂本竜馬のような感じ。自己犠牲の精神を持って、グローヴァルな人間でありたいがために戦っていた、そういう気がします。

 またもイタリアもので攻めようかな、、、どうも最近のハズレ頻度の高さに辟易してる中、コイツは既にリピート回数が増えております。PIETRO LOMUSCIO TRIO 「STANDARD SUITE IN Bb MAJAOR」。SUITEと言われてピンと来たら、素晴らしい(私は4回目くらいで気が付きましたけど、、、)、全編繋がっております。

 リーダーはピアニスト、でも全然存じません、お目当てはサックスを吹いてるMAX IONATAだったので。サックスええよ~、でもピアノもナイス。ソレとオウオウ、、、?!!っという渋い選曲。Pietro_lomuscio_trio_standard_suite  

  1. UP JUMPED SPRING (FUBBARD)
  2. LONNIE'S LAMENT (COLTRANE)
  3. BLACK NILE (SHORTER)
  4. GOD BLESS THE CHILD (HERZOG & HOLIDAY)
  5. NOSTALGIA IN TIMES SQUARE (MINGUS)
  6. ONE BY ONE (SHORTER)
  7. PEACE (SILVER)

 1~2~3はちょいと来ますな、黄昏るHUBBARDの1曲目の寛いだ雰囲気、IONATAのソプラノが心地良いねぇ、、、余芸でも何でもソプラノを聴かせてくれる人は少なくなりました。アドリヴになると万華鏡のように自在に歌い捲くるピアノも良い感じですな。

 そのままソプラノが突入する2曲目の麗しいテーマ・メロディとシャッフルするリズム感、遊び心があります、ピアノとソプラノの掛け合いがエエね、やはり自由自在やな、ちょいと崩れていくフリー・スタイル、こういう奔放さが聴いていてイマジネーションを掻き立てられます。

 そして3曲目、上手く繋がってくるなぁ、、、テーマ・メロディがカッコいいですよね、この曲は!シャキッと奔る演奏もストレートで素晴らしい!!IONATAが歌い捲くるのが何よりも嬉しいな。

 オオウ?!ココでテナーに持ち替えるかね!4曲目、いいよ~、存分に泣かせていただきましょう、、、リーダーのピアノ、繊細さも兼ね備えてますな、う~む、、、4曲目迄来て飽きさせないのは実力がある証拠だ!(っと勝手に思い込んでます。)でもってピアノが無伴奏でオールド・スタイルに展開、ストーリーがあるねぇ、、、何だか気分が良い、こういう粋な表現に飢えてたからなぁ、、、粋な雰囲気をそのまま残して、テナーがまた歌い出す、ピアノも奔放さ!

 そして5曲目、またも繋げて来る違和感のなさ、粋だねぇ、コイツ本当に旨いわ!転調を挟みつつ、テナーが歌う、旨いねぇ、感心するばかりです。

 最後まで語るのはよそう、6、7曲目は御自分の感性で是非楽しんでおくんなさいな。良い感じですぜ~~~!キュッと引き締まって思わず「おいおい!マジでやるねぇ、、、」とステレオに独り言を言っちゃいましたよ!

 

|
|

« FABRIZIO BOSSO &FLAVIO BOLTRO QUINTET 「TRUMPET LEGACY」 | トップページ | イチロー開幕! »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/29132305

この記事へのトラックバック一覧です: PIETRO LOMUSCIO TRIO 「STANDARD SUITE IN Bb MAJAOR」:

« FABRIZIO BOSSO &FLAVIO BOLTRO QUINTET 「TRUMPET LEGACY」 | トップページ | イチロー開幕! »