« CLIFFORD JORDAN 「GLASS BEAD GAMES」 | トップページ | ART BLAKEY & THE JAZZ MESSENGERS 「AT THE CAFE BOHEMIA VOL. 1」 »

GEORGES ARVANITAS 「IN CONCERT」

 ひょ~~~!!繁忙期突入だ~い、、、いいぞ~~~!もっとやろうぜ~~~!!って感じです、楽しいったら仕様がない!!

 忙しくなればなるほど、燃えてくる!専務(寅さんね、鎌倉山のブログを見てちょ!)なんてさ、今日は休みなのに来てくれて、ウルフさん達と作業に没頭してくれるわけ。結構重かったのよ、その作業は。それでも「さぁ、もうひと踏ん張りですよ~、、、」何てレディース達に声を掛けると、寅さんが「ええ~~~!もう終わっちゃうのかよ~~~!!折角休みで来てるのにさ~~~!」、と来る。そうすると、工場長が「じゃぁさ、明日は黒、30キロやっちゃいましょうか?!」、っと振ってくる訳だ。

 黒豆はウチの自慢の商品、水に漬けて品物にならないと判断すれば、すべてハジキます。このハジく作業が半端じゃなく大変!私と釜の先輩と、ベテラン・ウルフさん、それでも足りなければ工場長まで推参してしまう程の骨の折れる作業なワケですが、コイツがまた、みんな当然のように笑いを交えつつキッチリやるんだな。30キロだと、こういう会話になる、、、

 「明日何時来る?」「アサイチだね。」「ほんじゃ、6時集合!」「はいはい、了解で~す。」、、、

 コレが普通の会話、それで帰りが夜になっても知ったこっちゃない、、、次の日の集合がまた朝6時でもネ。

 まぁ、大変な黒30キロ、それでも工場長から飛んできた振りには当然こう応えますワナ、「ハイ、きた~~~!喜んでやっちゃうぜ~~~、、、っつうか、私休みになっテンすけど、来てもいいんっすよね?、、、」

 ハイ、ココで内輪的大爆笑!!

 大変な作業をしながらこういう会話が交わされちゃうわけです、イイでしょ?工場内の雰囲気。お客様から依頼されたものを楽しんで作る、あっ、当然の事ながら言っておきますけど、全く油断はしてませんからね。

 どんな状況であろうと、お客様に満足をして頂きたい、只、納豆を売っているんじゃない、満足も買って頂いているんだ、、、そういう精神なんだな、だから職場に笑顔があるし、厳しさもあるのよ。

 黒30キロは今のところないみたいなので、明日は休みになっちゃいましたが、繁忙期は始まったばかり、幾らでも喜んでやるつもりですよ!

 今日は遂に聴いちゃおうかな、久しぶりです。Georges Arvanitas/In Concert (Digi)Georges_arvanitas_in_concert

 よくレコ屋現役時代にアナウンスした言葉は「正座をして聴きたくなる。」でした。今、正座はしてませんが、ピリッと自分の背筋を伸ばしたくなります。ソレくらい、ピアノだけじゃなくリズム隊も、楽器で奏でる以上の何かを感じさせたいと思っているんじゃないかな、、、

 結局、カレーレの盤を聴いてみても、澤野さんから出した貴重盤も、オーセンティックはまずまず旨い!っと言うだけで、70年代前後の痺れるようなテンションの高さはなかったなぁ、、、

 想像力に富んだ楽曲と、自由な空気、、、いや違うな、演奏する人間の等身大の心の発露に、只々「力」を感じます。流した所が全くない。語り尽くす、その饒舌さが三者の演奏に途轍もないパワーを宿らせる!

 作為的なものが全くなく、演奏を重ねていくうちにテンションがココまで上がっちゃったけど悪くないよね、、、というスポンテニアスな生々しさ。こういうのを名盤と言いたい、よくもまぁ、記録してくれてましたね。コレがなければ、GEORGES ARVANITAS!何て言われても多分、良いピアニストですよね、、、で終わってます。

 

 

|
|

« CLIFFORD JORDAN 「GLASS BEAD GAMES」 | トップページ | ART BLAKEY & THE JAZZ MESSENGERS 「AT THE CAFE BOHEMIA VOL. 1」 »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
人に喜んでもらえる仕事。
とても羨ましい。
もちろん対価としての最低限のサラリーは戴きたいですが、
モチベーションを保つには、それ以上の何かが必須です。


今日は連休最終日。気分を高揚させるためにレコードを
聴きまくりました。

さて、今日聞いた中の一枚に、SAVOY MG12209 
"JAZZ IT's MAGIC"のCDがありました。
これも師匠から教えてもらった大切な1枚。

ふと帯をみると、1996年盤とあります。
もう13年も前になるんですね。
当時は結婚して数年、ローンを抱えてお小遣いももらえない。
でも好きな音楽鑑賞だけは何とか続けたい。
カミサンと交渉の末、月に何枚かのCDを購入することを許してもらいました。

月末になると、"横浜の〇〇さんのところに行って来るよ”って。

未だに生活は大して向上しておりませんが、JAZZを聴くことは続けております。
メディアはCDからレコード中心に変わりました。
ジャズカバさんはCD中心でしょうか?
昨日書き込みましたが、我々は主にレコードで聴いております。
こちらには未CD音源が結構あります。
ご紹介したいものもございます。

よろしければ是非どうぞ。

投稿: 類似コラーニ | 2009年5月 6日 (水) 22時39分

 類似コラーニさん
 ジャズカバです。コメントどうも有り難うございます。

 気が付けばゴールデン・ウィークって、いつの間にか始まって、そして既に終わったんですね、社会に出て働き出してから、そういう事に全く縁のない人生なので、、、お正月くらいですね、世の中のホリデイを満喫するのは。
 「JAZZ IT's MAGIC」素晴らしい作品ですねぇ、あれば、間違いなく騒がしく紹介しますね!でも私がハマにいたときは既に入手困難でした。他のお店で見つけて自分のお店に転送を掛けたことはあったかもしれません。

 私はCDのみです。アナログの方が音が良いし、CDになっていない名盤が多いのでやりたいとは思っているんですが、プレイヤーがない!スペースがない!!お金がない!!!の3ない状態なので今のところ、始める予定もありません。

 類似コラーニさんは凄くオーディオにお詳しいんですね、羨ましい、、、オーディオに嵌りそうな時期もあったんですが、危ないとも思ったので、とりあえず、そちらの方もペンディング中です。もう少しゆとりのある生活が出来るようになってから始めたいと思ってます、できれば感性が衰える前に。
 
 またどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: ジャズカバ | 2009年5月 7日 (木) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/29415673

この記事へのトラックバック一覧です: GEORGES ARVANITAS 「IN CONCERT」:

« CLIFFORD JORDAN 「GLASS BEAD GAMES」 | トップページ | ART BLAKEY & THE JAZZ MESSENGERS 「AT THE CAFE BOHEMIA VOL. 1」 »