« QUINTETTO BASSO-VALDAMBRINI 「STELLA BY STARLIGHT」 | トップページ | ATOMIC 「RETROGRADE」 »

FRANCO CERRI 「AND HIS EUROPEAN JAZZ STARS」

 半年に一度のお楽しみ、JFYKbeckさん主催の「爺を囲む会」、やりました~~~!しかも今回はアット・ゆうなんぎぃ!美味い沖縄料理をTさん、N氏、beckさん、私、そして爺と気心知れたメンバーで堪能する宴となりました。

 Tさんはゆうなんぎぃデヴュー、「頂いてイイッすか?」と言った時には既に皿に盛ってしまってるほどの逞しい食べっぷりで何だか微笑ましい。「オメェな~~~、、、」とbeckさんも突っ込みつつ、ウマイ、ウマイとモリモリ食べてる様子を見て、怒涛のオーダーでオモテナシ。毎度の事ながら居心地の良い宴でございました。

 今回は残念ながら撮った写真が殆どピンボケしてて、生き残った写真だけピックアップしておきましょうかね。

 クーブイリチ、旨し!Cimg7501_2  

 ラフテー、旨し!!Cimg7506_3

 珍しくゴーヤーチャンプルー、旨し!!!Cimg7503_3

 グルクンのから揚げ、頭がサイコー!!!Cimg7509_2

 焼きソバ、モッチモチ!Cimg7530_2

 他にもナーベラ味噌煮は大地の香りがして旨し!初めて食べたフーチバージューシーはヨモギの香りが食欲を誘うおじやでメッチャいける!

 またお礼を言っておきましょう、前の会社の仲間たちとこんな形で繋がりを持てることに本当に感謝したい、みんな、どうも有り難う!

 正直申しまして、本作の主人公FRANCO CERRIについては何の知識も思い入れもありません。貴重盤である事で先ず買いなんですが、本作に魅かれた最大の理由はバック・メンバー、ピアノのGEORGE GRUNTZとアルトのFLAVIO AMBROSETTIです!

 Franco Cerri/And His European Jazz Stars (Pps)は1959年のCERRIの初リーダー作だそうで、ウェスト・コーストに通じるスマートで洗練された寛ぎ感が良い感じです。ギラついたところは微塵もなく小気味良い演奏、センスが良いですな。Franco_cerri_and_his_european_jaz_2

 GEORGE GRUNTZのこの頃の演奏はあまり聴く事が出来ませんよね、ジル・クッピーニの名盤も廃盤のままですし、、、ちょいと粋なブルース・フィーリングを鏤めながら、小気味良い歌いっぷりが気持ち良いですねぇ、トリオで演奏している3曲目FELIXINで彼のピアノの素晴らしさを堪能してくださいな。

 お目当てのもう一人FLAVIO AMBROSETTI、彼の演奏は10年以上探していました。以前にエンヤか何処かでFLAVIOの音源集が出てたんですよね、ソイツを仙台でうっかり買い損ねて、それ以来、ず~っと何でもいいからお目見えするのを待っていました。アルトの滑らかさを活かしつつ、ハード・バップの魅力を感じさせてくれる。ギター・トリオをバックにワン・ホーンで歌う6曲目JUST ONE OF THOSE THINGSでのFLAVIOのアルトの流麗な歌いっぷりが嬉しくなっちゃいましたよ!リーダー作ってないんでしょうか?あれば是非聴きたいですね!

 何れにしてもです!本作のような作品が国内盤として出ることは本当に嬉しいですね!またも欠けていた歴史にパズルのピースが一つハマリましたな。こんな事を熱心に出来るのは日本人だけです、DIW、グッジョブ!!

|
|

« QUINTETTO BASSO-VALDAMBRINI 「STELLA BY STARLIGHT」 | トップページ | ATOMIC 「RETROGRADE」 »

GUITAR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/30018428

この記事へのトラックバック一覧です: FRANCO CERRI 「AND HIS EUROPEAN JAZZ STARS」:

« QUINTETTO BASSO-VALDAMBRINI 「STELLA BY STARLIGHT」 | トップページ | ATOMIC 「RETROGRADE」 »