« BJARNE ROSTVOLD QUINTET & TRIO 「JAZZ JOURNEY」 | トップページ | SAMMY NESTICO AND THE SWR BIG BAND 「FUN TIME」 »

JAN LUNDGREN 「SWEDISH STANDARDS」

 ヒグラシが鳴いとるなぁ、、、いい気分ですね。ここ一週間梅雨に戻ったかのような雨続きで気分もどんよりしてましたが、今日はいい感じになりました、鎌倉の夕方。

 長門、石見、周防、安岐、、、筑前、筑後、肥前、肥後、豊前、豊後、それと四国全域、讃岐、伊予、土佐、阿波、、、大変なことになってるみたいですね、大雨で。亡くなった方も多くて、、、何だろうね、、、ヤンなっちゃうよなぁ、ホントに生きづらい世の中だよ、、、世界大恐慌の上に異常気象だもんなぁ、、、生きるって、それ自体が凄い試練ですよね、、、

 それでもこんな寛いだ夕方の空気を感じると何となく幸せを感じてしまう。ガキの頃の野球の練習の帰り道とか、友達と学校の帰りに買い食いしまくった事とか、、、そんな事が頭によぎります。

 悲しい出来事が色々ありますでしょ?まったく理解できない形で人の命が奪われてしまう事件が多かったり、、、それでも束の間の、ある時間に自分は幸せを感じてしまう、、、そうだな、今日も自分は生き残ったんだな、、、そんな感じなんですよ、判ります?何が起きてもおかしくないって事、、、

 何だか最近違うフォーマットで見かけるんですが、つまりそれまで廃盤だったってこと?意外ですね、、、

 JAN LUNDGREN 「SWEDISH STANDARDS」、良い作品です。確かにSITTELってレーベルは入り辛くてかなり悩まされたレーベルです。私が持っているのはデジパックで1997年のもの、「コンクルージョン」がJANさんの最高傑作なのは間違いないと私も思いますが、本作も素晴らしいですね!Jan_lundgren_swedish_standards_2

 なんつーか、気負いがないって感じ。当時JANサンは幾つ?30代前半か、、、自分の馴染んだメロディをサラリッと唄う感じがとても良いんですよね。聴いている日本人の私は全く馴染みのないメロディなのに前から知っていたかのように彼の奏でるメロディを普通に受け止めて気持ち良くなっちゃってる、、、そんな感じです。久し振りに聴いてもやっぱり印象は変わらないなぁ、、、

 実はJANサンとベースのMATTIAS SVENSSONがお店に来てくれたことがあります。JANサンは見た目の印象通り、落ち着いた感じのエエ男でね。可笑しかったのはMATTIAS、根っから明るい男で、レコ屋に来て妙に興奮してました。「これどう?」何てJANサンに訊きながら30枚くらい買っていったかな、JANサンも10枚くらい。意外だったのはブルーノートのアルバムなんかを交えて、結構基本的なものを買っていってくれた事。演奏はしてても、私のようなオタクではないのね、、、

 その時もう一人凄い人が来てました、アレックス・リールね、私はビビりまくり!スンげー重鎮ですもん。「マッズ、エンリコと演ってるTHE KINGDOMが好きです。」なんて、拙い英語で話しかけたら、「ふ~ん、、、じゃぁ君、最近録ったアレは聴いてくれたかな、、、」(みたいな雰囲気で返してくれて、、、)。でもそん時、在庫してなくて(それが何だったかも今や覚えてない、、、結局取れなかったんですけどね確か、、、)、「ちょっとジャズっぽくないところもあるけど、聴いてみて」等と言われ、ドキドキしたのが今では良い思い出ですな、、、

 

|
|

« BJARNE ROSTVOLD QUINTET & TRIO 「JAZZ JOURNEY」 | トップページ | SAMMY NESTICO AND THE SWR BIG BAND 「FUN TIME」 »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/30692689

この記事へのトラックバック一覧です: JAN LUNDGREN 「SWEDISH STANDARDS」:

« BJARNE ROSTVOLD QUINTET & TRIO 「JAZZ JOURNEY」 | トップページ | SAMMY NESTICO AND THE SWR BIG BAND 「FUN TIME」 »