« SAMMY NESTICO AND THE SWR BIG BAND 「FUN TIME」 | トップページ | EERO KOIVISTOINEN 「ODYSSEUS」 »

GENE DI NOVI 「SO IN LOVE」

 40歳という年になって凄く変わったこと、それは今更ながら自分流ファッションに目覚めてしまったことかな。

 ついこの間まで着る物なんかどうでもいいよ、くらいに考えていたのですが、カミサンが私を着せ替え人形にするのが大好きでデパートのセールが始まるとカッコいいシャツとかを買ってきてくれます。最初の頃はちょっと派手目な花柄とかを買ってくれて、「なんだか恥ずかしいよ、、、」何て思っていたんですが、「絶対似合うと思うから、着てごらん。」何て言われて勇気を出して着てみるとこれがなかなか気持ち良いんですな。しかも良いものを選ぶカミサンのセンスが理解できるとますます楽しくなってきたりして、、、

 極め付けはIKAさんの素晴らしいベルボトムに出会ってしまった事。これで大爆発しちゃったな、「何ちゅうカッコしてんだ、コイツ、、、」的な目線を浴びる事に快感を感じるようになってしまいました。仕方ないですね、人がどう思おうと好きな服を着ると自分では凄く気持ち良いんですから、、、

 前レコ屋さんだったでしょ?当時はジャズ好きのお客様に囲まれて、会話を楽しみながら「これサイコーに良いですぜ!」なんて紹介して、後で「アレ、すげー良かったよ~~~」なんてリアクションされることで自己顕示欲が満たされていたんでしょうね。なんか役に立ってる、自分は、、、そういうのって自信に繋がるよね、、、

 今はそういうことがなくなった代わりに、自分で納得の行く仕事のやり方を模索しつつ(どうすればより良い状態で豆を炊き上げて、仕上げてくれるウルフさん達に引き渡せるのか、なんて事に夢中の毎日だったりする。)、もっといける!何かできる!そんな気持ちでいっぱい、、、でもまだまだ、、、そこで満たされない自己顕示欲を自分流ファッションで補おうとしてるのかもね。

 それは兎も角、人が着ていないだろうという服装を身に纏うのはホントに気持ちが良いです。かなりケバくなってるかも、、、今日もIKAさんのところでなかなか手に入り辛いダイシキのシャツを2着も購入して金がないながらもご満悦な私でございます。

 今日はまた落ち着いた気分に浸りたい、、、そんな感じ。棚を眺める、、、やっぱりピアノかな、、、

 最近はレコ屋に行ってもネットで検索してみても、益々触手が動かない、ニュー・リリースものに全くイメージが湧いてこない、感性がついに枯れてしまったのかな、、、まぁ、仕方ない。金が回らない、だから冒険ができない、そうすると発見がない、、、詰らないですね。今のレコ屋大不況も結局は消費者の生活難から始まってる訳で、、、こういう状況を私は負のサイクルと呼んでいます、、、

 どうしても話がくらい方向に行ってしまうな、、、ヤンなっちゃうね、、、この作品は今の景気がここまで落ち込むなんて思ってもみなかった頃に出会った作品、要は良いものを発見すればドンドン仕入れても文句は言われなかった時代、2001年の作品です。

 それはそれは、よく売ったさ!買ってくれたお客様には私なりの聴いてほしいポイントを熱く語ってね、、、GENE DI NOVI 「SO IN LOVE」。本作の最大の特徴は円熟、それでいて攻め処に来た時に軽快なスウィング感を保ちつつ、グイグイ引っ張ってくれるところかな。Gene_di_novi_so_in_love_5

 惰性でアルバムを作ってない、という演奏者の気持ちが何だか伝わってくるんですよね、そういう意味では色々ピアニストを起用してるけど音が皆一緒な某人気レーベルのピアノモノとはちょいと違う。少なくとも当時のこのレーベルの作品に関してはかなり大推薦盤が多かったです、作品によっては、「何でこんなに音が悪いの?っていうかバランスが悪すぎる!!」って文句を言った事もありますが、、、

 さぁ、当時をそのまま再現してみますか、、、(接客させて頂いて、なんて言っていたか、、、)本作は全体的に受ける印象もとても良いんですが、何が良いって、これ!ここ!て言えるところがある作品は最近なかなか出合えないんですよね、そういう意味では本作はそれがありますよ、まず3曲目LADY ANN、さざ波が寄せては返すようなスウィング感にフワフワと寛ぎながら、何となく可愛らしいメロディが印象的でしてね、、テーマはあるようでない、どう展開しても寛ぐために演奏されたかのような麗しさ、イメージを広げたらドンドン展開しそうな程、自由な空気に溢れている、それは兎も角、気持ち良いっすわ!

 っで、極め付けは6曲目AUTUMN FLIGHT、迸ってますでしょ?情が、、、アドリヴのメロディ・ラインも引き付けられるし、聴いてて気持ちがグイグイ乗ってくる!こういう演奏がピアノ・トリオを聴いていて嵌るツボなんですよ、云々、、、

 久し振りに聴いたけど、やっぱりこれは良いねぇ、、、アルバム全体に気持ちの良いストーリーがありますな。

|
|

« SAMMY NESTICO AND THE SWR BIG BAND 「FUN TIME」 | トップページ | EERO KOIVISTOINEN 「ODYSSEUS」 »

JAZZ PIANO」カテゴリの記事

コメント

ベルボトム何着持ってますか???


私は6着です

一番裾広のが、45センチでよくコケます・・・

投稿: まみ | 2009年8月 8日 (土) 14時52分

 まみさん
 コメントありがとうございます、ジャズカバです。
私は先日で目出度く10本目となりました。ゴブラン生地のサイケ度抜群な逸品。裾幅は37センチです、すごく気に入ってます。

 一番広いのは49センチのウルトラハードにレースアップのカスタムを施したもの。これもへヴィ・ローテーションではいておりますよ。

 またどうぞ宜しくお願いします。

投稿: ジャズカバ | 2009年8月10日 (月) 19時38分

ああ!!

セクシーー!!!!!!!!


男でも色っぽく感じる!!


着画みたいです!!!!!
あ、あと誕生日いつですか??

ちなみに上のまみたんの友達どす!!!

ウルトラハードにレースアップ・・・・

何てセクシーなんだ・・・


美脚効果バツグン!!
ちなみに奥さんも穿いてますか??

投稿: ベルボトムフェチ | 2010年3月28日 (日) 01時42分

ベルボトムフェチさん
 
 ジャズカバです。
 アタシは40のおっさんです。1月にはジプシーズで黒のレースアップもやってしまいました。ウルトラハードより膝が楽ですがコイツもかなり気に入っておりますよ。

 そんでもって昨日はインディー、ダブル・アクションを買ってきてしまいました。サイドブレードにリベット打ちはかなりキテおりましたよ!

 最近代謝が落ちておりますので余計なモノが付かないように気をつけています。

 カミサンはちょいと余計なモノが付いたと言って穿いてはおりません。

 IKAさんの処はいつ行っても楽しいですね、一本買いながら次は何しようかなって考えちゃって、去る時は何時も後ろ髪を引かれる思いです。
 またどうぞ宜しくお願い致します。
 

投稿: ジャズカバ | 2010年3月29日 (月) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/30818986

この記事へのトラックバック一覧です: GENE DI NOVI 「SO IN LOVE」:

« SAMMY NESTICO AND THE SWR BIG BAND 「FUN TIME」 | トップページ | EERO KOIVISTOINEN 「ODYSSEUS」 »