« JAROSLAV SIMICEK 「THE WAY HOME」 | トップページ | CURTIS FULLER 「SOUL TROMBONE」 »

EDEN ATWOOD 「TURN ME LOOSE」

 今年は早いですねぇ、すっかり秋の空気ですな。台風が来てしまったおかげで早朝と夕暮れ時の虫の声がセミから鈴虫に代わってます。久しぶりに日本の季節の変わり目が正しいというか、子供の頃のようなノスタルジックな気分で秋の到来を感じています。

 最近異常でしたからね、6月から9月の終わり頃まで酷暑が続くなんて、気持ち悪かったですからね、亜熱帯地域じゃないっつーの、、、

 子供の頃は、8月も終わり頃になると日差しは強いのにスーッと涼しい風が吹いたりなんかして、「あ~あ、、、夏休みも終わっちゃうなぁ、、、」何て思ったもんですよ、当時は只寂しさが募るだけでしたが、ある程度年齢が行くと逆に秋を迎えるのが何となく嬉しくてね、風情があるでしょ?盛り上がった夏、祭りの後の染み入る余韻てやつがね、何とも気分が寛げる、、、何となく自分の大切な時間が増えて行くような感じね、堪んないな。

 前にも言いましたっけ?私は四季の中では秋が最も好き、流れて行くの時の移ろいの心地良さ、食いものは美味いしね、、、何だかフラッと仙台に行きたいなぁ、、、碁盤の目のようなアーケイドをプラプラするだけでホッとする大好きな街、繁忙期が終わったらちょっと行ってこようかな、久しぶりに今年は秋を堪能できそうだ、、、

 秋の夜長、というにはまだ早いですが、こんな気持ちの良い涼風の吹く夕方にはちょいとヴォーカルを聴きたいですね。っで、ここぞとばかりに先日やっと入って来たEDEN ATWOOD 「TURN ME LOOSE」を初めて聴いてみる、、、来た~~~、、、ヤッパな、こんな日にはピッタリだ、、、Eden_atwood_turn_me_loose

 彼女の作品はそんなに持ってませんが(でも全部聴いたよ、、、)、本作はかなり期待通り、「マイ・アイデアル」っていう2002年の作品が大好きでしてね、ホントに素敵な作品、寛げちゃうんですが、本作はそれに匹敵するほどエエ感じ。ちょいと円熟した感じが出てきましたね、青くもなく枯れてもいない、最も女性がセクシーな雰囲気を醸し出す、ヴォーカリストとしてはサイコーに魅力的な時期に彼女も差し掛かったという事でしょう。

 今日初めて聴くので、細かい事は言うつもりはありません、全体的に雰囲気を只々味わうだけ、程良い軽さと、女性に野郎が何となく求めてしまう包み込んでくれるような優しさが感じられただけで本作はお薦めでございます。フ~、エエねぇ、、、

|
|

« JAROSLAV SIMICEK 「THE WAY HOME」 | トップページ | CURTIS FULLER 「SOUL TROMBONE」 »

VOCAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/31208291

この記事へのトラックバック一覧です: EDEN ATWOOD 「TURN ME LOOSE」:

« JAROSLAV SIMICEK 「THE WAY HOME」 | トップページ | CURTIS FULLER 「SOUL TROMBONE」 »