« 「MUSIC INC.」 | トップページ | EDEN ATWOOD 「TURN ME LOOSE」 »

JAROSLAV SIMICEK 「THE WAY HOME」

 今日はちょっとニュースで聞いた気になる話について書いてみようかな、、、また選挙絡みのお話です。大人はどういう態度をとるのがカッコいいのかって事について。

 平塚の投票所で21歳の女性が子供と間違えられて投票できなかったという話、何でも謝罪がなかったから怒って帰っちゃったとか、、、ハッキリ言おう、、、バッカじゃねーの!!それこそ投票権を持つ有権者が取る態度じゃねーだろ?!まるでガキだと思いません?

 カミサンが一緒にそのニュースを聞いて一言、「ふ~、、、怒って帰るくらいなら、何で私は有権者ですってその場でハッキリ言わないんだろう?それで済む事なのに、、、謝罪がどうのと、気にするところが全然違う、、、こんな事がニュースになること自体、なんか変、、、」

 さすがだね、内のカミサン!全くその通りだと私も思います。親と一緒に来てたそうですが、親御さんは何て娘に言ったのかね、一緒になって、「無礼者!」なんつって怒ったんですかね、もしそうならそれもダッセー話だな。つまりガキだってこと。私の両親なら多分「グダグダ言ってねーで、さっさと筋通して投票やり直して来い!」くらいの事は言うだろうなぁ、、、

 カッコいい大人はさ、相手の立場に立ってよ、ああ、そんな事もあんのかな、、、何て思ってちょいとイラッと来ても笑い飛ばすのがカッコいいのさ!でしょ?今回のこのストーリーってその程度だったんじゃないの?まぁ、判んない、実は投票所の係員の人がこれまた大人な奴じゃなかったのかもしれんけど、、、

 いずれにしてもカッコ悪い話ですよ、平塚に住む人達はちょっとため息着いちゃうよねぇ、、、

 などと、今日はこういうハッキリ言って下らない話に触れてちょっとイラつき気味、どうしよう、気持ち良いワン・ホーンが良いな、、、ワン・ホーンでも寛がせてくれるヤツが良い。Jaroslav_simicek_the_way_home

 っで、選んだのがJAROSLAV SIMICEK 「THE WAY HOME」、コレ結構いいです!チェコもの何てあまり触れてなかったけど、色んなところでなかなか誉められてるのを見てちょいと触手が動きました。

 リーダーはベーシストなんですが、作品の核はサックスのRADEK ZAPADLOとピアノのMATEJ BENKO。1曲目THE FIRST BALLのこの分かり易いテーマ・メロディ、黄金時代のジャズの香りがプンプンする名曲。ピアノのMATEJは久しぶりに登場したアドリヴを聴かせる逸材だね!彼が弾き出すと思わず耳を奪われます、オーセンティックでありながら、流麗であったり、ちょいブルーな雰囲気を聴かせたり、個性的とまでは言いませんが曲に合わせた雰囲気作りがとても上手いと思う、センスの良いピアニストです。

 2曲目以降は線をなぞる様なサックスが気になると言えば気になりますが、曲のメロディが良い事と、ピアノの広がりのある演奏にのおかげで全体的にとても気持ち良く耳に響きます。ほら~、ピアノが前に出てくると俄然演奏に勢いや明るさ、曲に明確な歌心が滲み出てくる、いや、コイツはかなりヤバいね!リーダーよりもピアノのMATEJ BENKOに大注目ですな!明日はMATEJのリーダー作をじっくり聴き込みます!

|
|

« 「MUSIC INC.」 | トップページ | EDEN ATWOOD 「TURN ME LOOSE」 »

BASS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/31194144

この記事へのトラックバック一覧です: JAROSLAV SIMICEK 「THE WAY HOME」:

« 「MUSIC INC.」 | トップページ | EDEN ATWOOD 「TURN ME LOOSE」 »