« THE SWELL SEASON | トップページ | INAKI SALVADOR 「ORAIN」 »

JOHN McLAUGHLIN 「EXTRAPOLATION」

 腰痛は相変わらずなんですが、最近平塚の先生のところに行く気力も時間も無く何とか騙し騙し過ごしている毎日です。

 っで、最近気が付いた。低反発マットってあるでしょ?身体に優しいってヤツ。やっぱり良いんじゃないかと勧められてその上で寝ていたんですがどうも具合が良くない。思い切って取っ払ってみたんです。そしたら逆に以前ほどひどい状態にならない事を発見しました。どうしようもなくなる時もあるんですが、前よりマシ。どうも私は煎餅布団の方が身体に合うようなんです。

 試しにある日、もう一度低反発マットで2時間ほどうたた寝してみたら逆に腰が痛くなって、急遽近くのマッサージ屋さんに行かざる負えない状態になる始末、、、不思議ですよねぇ、、、科学的な説明を聴くとどう考えても理論上、低反発マットの方が身体に良いはずなんですが。

 といった具合に私はあまり人に勧められたり、良いものだと言われたものを使ってみて、本当に良いと思ったことがあまりありません。まぁこんなもんかな、ぐらいで満足できたり、凄いと思ったことがないんですな。特に肩こり、腰痛、身体に関係したモノに関してはほとんど皆無に近い。性格だけじゃなく、体まで天の邪鬼って事ですね。

 使わなくなったマット、捨てるには勿体ない気がしてるのでカミサンが肩こりで苦しんでる時、リヴィングに持ってきて、マッサージ用のマットにしています。

 今日はJOHN McLAUGHLIN 「EXTRAPOLATION」、英国モノって硬質ですよね、その硬さが何とも言えず辛辣で、背筋が伸びるような気分にさせられますよね、攻める姿勢が前面に出てくる感じかな。それでいて感情の発露がデカイ程、反比例してクールなサウンドに纏めてくる印象。何だろう、、、深読みしちゃうね、、、そう言えるほど英国サウンドは知的だし、聴き手に訴え掛けるモノがありますな。John_mclaughlin_extrapolation

 本作はMcLAUGHLINの初リーダー作、1969年の作品です。耳に残る印象はリーダーなのに裏方。JOHN SURMANのサックスや、シャープな切れがカッコいいTONY OXLEYのドラムの方がガツンとくるんですが、バッキングやソロにMcLAUGHLINの存在がヒシヒシ感じられるというか、影のフィクサーみたいな存在感があって単純に、ディレクションしてるなぁ、、、って感じ。

 マハヴィシュヌとは全く違う、自由なスペースを生かし切ったMcLAUGHLINの魅力が全開と言った作品ですな。

|
|

« THE SWELL SEASON | トップページ | INAKI SALVADOR 「ORAIN」 »

GUITAR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/33986293

この記事へのトラックバック一覧です: JOHN McLAUGHLIN 「EXTRAPOLATION」:

« THE SWELL SEASON | トップページ | INAKI SALVADOR 「ORAIN」 »