« 復活できるかな。 | トップページ | PHIL WOODS AND HIS EUROPEAN RHYTHM MACHINE 「AT THE FRANKFURT JAZZ FESTIVAL」 »

IVAN PADUART 「IBIZA」

 この3年半の間に色々と生活スタイルが変わりました。激変と言っても良いくらい、今日は何が変わったかについて書いてみますか。

 「その1」 家を建ててしまった事。

 大借金生活の始まりです! 最初は手ごろなマンションなり、建売り一戸建てだったりを何となくネットや不動産屋さんで見てたんですが、どうもシックリこなくて、まぁ、当分先だなぁ何て思ってたんです。

 ところが、不動産屋さんでカミサンがバイヤーさんに声を掛けられたのが運のツキ、店頭情報だけでは分からない土地につれて行かれたり、ちょっとした諸事情を聞かされたりしているうちに俄然本気モードになりましてね。で、遂に土地を買ってしまいまして。

 しかもその土地、私にとっては縁のある懐かしいところでして子供のころからよく知っているところだったんですな。正直、あらら、出会っちゃったなって感じでした。001_s_2

 そこからがまあぁ、大変でした、建築屋さんとの打ち合わせ。何回やりましたかね、セッション。ふふふ、、、勿論プロの意見をよく聞きながらでしたけど、ほとんど私とカミサンのデザインですよ。今生活してみると、やっておけばよかったと思う事が沢山出てくるんですが、とても満足していましてやっと帰って来たくなる家に住めるようになりました。カミサンと口癖のように「いい家だなぁ、、、」と呟きあっている次第です。

 久し振りにトリオ作が出てたんで買ってみたんですがやっぱり、この人はイイですね、IVAN PADUART 「IBIZA」0006_2

 前にも言った気がしますが、メロディメイキングが素晴らしいですね、むちゃくちゃ耽美って訳でもなく自然に紡ぎだされるようなメロディがいい、クドくないんですな。何となく気分が良くてリラックスしている自分に気が付きます。

 決してテクがある訳ではありません、つい聞き流してしまう人もいるでしょう、でも私は聴き終わった後の余韻が味わい深くてとても好きです。全然スタイルは違いますが、この人を聴いていると、フレディ・レッドを思い浮かべてしまいます。

 

 

|
|

« 復活できるかな。 | トップページ | PHIL WOODS AND HIS EUROPEAN RHYTHM MACHINE 「AT THE FRANKFURT JAZZ FESTIVAL」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453481/53458291

この記事へのトラックバック一覧です: IVAN PADUART 「IBIZA」:

« 復活できるかな。 | トップページ | PHIL WOODS AND HIS EUROPEAN RHYTHM MACHINE 「AT THE FRANKFURT JAZZ FESTIVAL」 »