TROMBONE

EJE THELIN 「SO FAR」

 「匠の市」に行ってきました、半年に一度のお楽しみですね、北鎌倉の風情を味わい、寛いだ気分にさせてくれる、今唯一の心のオアシス。

 仕事は相変わらず楽しいけれど、ストレスが溜まらないかと問われれば、まぁ、やっぱり溜まるんだな。身体が、特に腰の状態が良くならない最近はちょいと辛いことも沢山あります。

 そんな時に「匠の市」にブラッと出かけるだけでなんだかホッとするんだなぁ、、、今回はほとんど写真が撮れなかった、でも楽しかったんですよ、ジャズ・トロンボーンのライヴを浄智寺の書院で聴いたり、いつも円覚寺参道にお店を出されている「鎌倉ベルズ」の大将とお話して干支の土鈴を買ったりね。

 今空前の不景気でしょ?生活に追われっぱなしで「人生こんなんでホントに良いんだろうか、、、」なんて考えません?私は大いに考えちゃうなぁ、、、だって実生活の大抵の事って結局頑張っても報われない事ばかりなんですもん、、、まぁ、それでも頑張らにゃならんのですが、、、

 そんなテンパッた時にこの「匠の市」との繋がりというかね、気持ちのリセットが出来る場所が、少なくとも半年に一度、自分にはある!っという事を感謝せねばならんよね。

 今日は温故知新、と言ってもかなりレア盤なんですけどね、、、メデタイ初CD化!EJE THELIN 「SO FAR」、微妙なバランス感がある隠れた名盤ですね。Eje_thelin_so_far

 微妙なバランス感って何?っていうと要はハード・バップとモードのアイノコですな。こういう演奏は1960年代に当然多い訳ですが、私にとってはとてもスリリングなんです。既成のルールに新しい感性を取り入れて行く時の、云わばサナギのような状態かな。この状態が最も火花が散る、演奏に生々しさがあるように感じてしまうんです。完成から成熟を迎えると次に起こるのは何でしょう?そう、惰性とかマンネリですね。

 っで本作、モーダルに煽るリズム陣をバックにEJEが結構控え目に唄う、テナーのULF ANDERSSONは完全にモード思考、1曲目のタイトル曲の奔るドラムに単純かつモード独特のメロディを奏でるベース、突っかかるようなトロンボーンとテナーのユニゾン、何というか、無機質なところもあり、それでいてシャープな演奏。そうかと思うと2曲目LAMENTのふくよかな寛ぎ感、3曲目FASTのストレートな疾走感、、、まだ手探りな感じなんだけど、とても本気って感じが伝わって来ませんか?こういうのが大好きです!

 EJEに関しては実は次のAT THE GERMAN JAZZ FESTIVALが最もエキサイティングなんですが、本作の存在が過程を教えてくれるという意味でもとても重要ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CURTIS FULLER 「SOUL TROMBONE」

 う~ん、レコ屋を辞めてから2年とちょっと、現場の人間でしたからね、ネットじゃなくて敢えて現場で買い物をしようと、イチお客さんとして現場で買い物して、応援してきたつもりなんですが、もう限界なのかもね、、、この間ハッキリ確信させられる事があって、ああ、これはもうどうしようもないな、と思わざるを得ませんでした。

 お店の在庫をチェックできる人材が現場にもういないんだなぁ、、、ブラック・サバスを聴きたくなって横浜に散歩がてら行ったわけよ、そしたら大手レコ屋は何処も無いのよ、一応歴史に残る名バンドですよ、ある店なんか仕切りすらない状態なわけだ。一体何が起こってるんだ?!っと思いましたさ。

 結局、歩いて馬車道まで行って、ユニオンさんで中古を購入、、、現役の頃も確かに厳しかったけど今はこんなにまで在庫を劣化させちゃうんだ。救いようがない状況まで陥ってしまいましたね、、、

 一緒に働いてくれていた仲間たちがまだ沢山古巣に残ってるので、あまり言いたくはないんですが、ちょっとヤバいよ、現場の存在価値がこのままではゼロになっちゃいます。ネットの売り上げだけで全従業員の生活を支えるつもりなのかい?明らかに無理でしょ、、、

 ジャズが好きでさ、レコ屋に入ってジャズのコーナーを任されたらね、来てくれる御客様から沢山知識を貰って、こういう渋いアルバムを動かせるように実力をつけなさいよ!っという意味も込めて今日紹介するのはCURTIS FULLER 「SOUL TROMBONE」、ちょっと渋いでしょ?

 目の肥えたお客様というのは、ちょいとコーナーを見ただけでそこの担当者の実力が瞬時に判っちゃうもんなんですよ、「新譜ばかりで上っ面だな、、、」とか、「おっ!ちょっとやる奴なんじゃないの?でも、もうちょいだな、一言言ってやろうか、、、」とかね、或は「おお!何?!コレをおいて、アレもあるの!!コイツ知ってんなぁ、、、ちょっと下手な事はイエネーぞ、、、探してるヤツの相談してみようかな、、、」、、、こう思ってもらえたら、こちらとしては最高に楽しいし、御客様にも楽しんでもらえるはず、、、そこまで判んなきゃならんのだよ、御客様に楽しんで貰って、尚且つ満足を買って頂きたければね、、、

 っで、「SOUL TROMBONE」だ、かなり寛いだ雰囲気が滲み出る隠れた名盤なんですが、何といっても1曲目がサイコーだね!Curtis_fuller_soul_trombone_2

  1. THE CLAN (FULLER)
  2. IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING (MANN-HILLIARD)
  3. NEWDLES (FULLER)
  4. THE BREEZE AND I (STILLMAN-LECUONA)
  5. DEAR OLD STOCKHOLM (GETZ)
  6. LADIE'S NIGHT (FULLER)

 5曲目は何故かクレジットがゲッツになってますが、御存じの通りホントはスウェーデンの民謡、あの麗しいメロディがFULLERの演奏を中心に何処かホンワカとして何処かレイジー、転調してからの演奏の雰囲気が正にハード・バップの醍醐味でマッタリした感じが味わい深く、JIMMY HEATH~FREDDIE HUBBARDの突き抜ける様な短いソロ・パートがピリッと引き締めてくれてサイコーだな!

 全体的にはFULLERのリーディングに合わせたカラーが滲み出たナイス・ハードバップ!でも本作を煌めかせるのは先ほど言った1曲目、この曲が本作を隠れた名盤と言わしめる原因です!シャープな演奏、ハードボイルドな雰囲気、テーマ・メロディのカッコ良さ!ヨッシャ~、コ~イ!っと気持ちが高鳴る大名演!!久しぶりに聴いたけどエエワ~、、、ジャケットがまたサイコーにカッコいいんだよね、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

EJE THELIN 「AT THE GERMAN JAZZ FESTIVAL」

 遂にやって参りました!新しい相棒、Nmodeのアンプです。オーディオ事情に精通してはおりませんので詳しくは知りませんが、何でも巷のオーディオ・ファンをかなり唸らせているモノのようで、シャープさんの1ビット・デジタルアンプからコチラのアンプに切り替えるという動きも起こっているらしい、おかげで随分待たされましたよ、、、Img_4503

 早速、色々お気に入りのCDをチョコチョコ聴いてみたんですが、我が家での第一印象は「あれ?!私のスピーカーってこんなに鳴らしてくれてたっけ?」でした。もう一枚薄皮が剥がれたような、霧が晴れたような、そんな感じ。高音から低音まで喧嘩せずに主張してくれてるとでも言いますか、調和が取れていて、とても気持ち良い。

 良い買い物をさせて頂きましたよ!とても気に入ってしまいました!!今日からブログも仕切り直しです、また気になる物に出会ったらコツコツ書いていきます、どうぞよろしくお願い致します。

 という事で早速一枚。Eje Thelin/At The German Jazz Festival 1964、コイツは名盤ですね、たまたま気が付いてCD化されてるか調べてみたら、DRAGONから2002年に出てました。よっしゃ!と早速購入、1曲目のTHE OPENERから力強く奔る演奏にバップ魂がときめきますな!Eje_thelin_at_the_german_jazz_festi

 EJEのトロンボーンはちょいと細いという印象もありますが、なかなかどうして、スマートな中にも歌心と情熱は失ってない!相方のテナー、ULF ANDERSSONのモーダルで青白く燃える演奏もカッコいい!

 だらしなくレイジーに寛げる2曲目IT AIN'T NECESSARILY SOの雰囲気はトロンボーンの音にはピッタリですね、3曲目ではフロントは一休み、ピアノ・トリオでユッタリと、、、

 小気味良くスウィングする4曲目I'M OLD FASHIONEDでは、曲のメロディの良さと共に伸び伸びとした各人のソロが楽しめて、コレもとても寛げますね、あ~もう、ジャズが聴けて幸せ、、、

 5曲目GASOLINE, MY BELOVEDは出だしのピアノが印象的、ユニゾンを決めてからテナーの晴れやかな歌いっぷり、長くはありませんが、なかなか複雑なテーマ、ソレがカッコいい、因みにこの曲の作曲者はスウェーデンのピアノの名手ラーシュ・ショステン、バピッシュなものは勿論ちょっと変わった曲も書いてしまう人かな、この曲のテーマの面白さは何というか、表情が多彩な所かな、メランコリックだったり、フワッと明るくなったり、、、凄く好きな曲です。ピアノのソロも素晴らしい!

 6曲目MARQUESE DE VILLAMAGNAはスピード感がスリリングな演奏!ピアニスト、JOEL VANDROOGENBROEKが吹くフルートがアクセントになっていますな。

 メトロノームって今何処か権利を持ってるんでしょうかね、国内盤で出たら嬉しいなぁ、紙ジャケなら迷わず買い直します!オリジナル・ジャケットはコレです。Image0046

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

GREGORY CHARLES ROYAL 「DREAM COME TRUE」

 お彼岸です。先日墓参りに行くことが出来ました。昨年も行ったし、前の仕事を辞めてからというもの、なかなか人間らしい生活が出来ています、良い事だ。

 父の車に乗って早稲田と渋谷の本家の墓参り、車から見る風景は電車とは一味違って面白い発見が沢山あります。墓参りが目的ではあるんですが、父や母の戦争体験が色々語られて驚いたり感心したり、「ココは前こうだった、ああだった、、、」と当時の話が沢山聞けてとても良かった。ちょっとした東京観光も兼ねてますね、焼け野原だった東京が今や世界を代表する大都会、よくもまぁ、こんな近代都市を作っちゃいましたね。

 父の母校、早稲田大学の有名な大隈講堂をチラッと観てたらそこでトラブル発生!妻が写真を撮りながら歩いてたら突然、大隈講堂の短い階段をコロコロと転げ落ちた!写真に気を取られて妻は何かというと転んだり、躓いたりします。前は円覚寺で両膝を血だらけにして帰ってきましたが、今回は右足首から脛に掛けて酷く擦り剥いた、チョット痛そう、、、ビール片手に階段に座っていたおやじさんもビックリしてた。若い頃の父のお気に入りの喫茶店「BARON」で(何とまだある!)氷を貰って冷やしてました。擦り剥きも酷いですが、打撲もシコタマしてますからね、「あらら、、、痛そうねぇ、、、」なんて言いながら親切な女性主人で惜しみなく氷をくれて紐で固定してくれた。こんな所に江戸っ子の下町気質を感じたりなんかして、、、20080923_009

 墓参りが済んでそのまま本家に直行、池ノ上にある本家は年に一度、お正月に行くか行かないかという所なんですがいつも温かく迎えてくれる、どんなにご無沙汰でもね。居心地が良い大好きな場所。皆でご馳走食べて、ああだ、こうだとお喋りして、何だかお正月みたいだ。ベルボトム買いに行ったついでに近い内にまたヒョッコリ顔を出そう、、、

 今日はね、ヘルゲ・リエンと共に久しぶりにCDを買いましたので色々とワクワクしながら封を切っているところでして。そんな中の一枚がGREGORY CHARLES ROYAL 「ドリーム・カム・トゥルー、全らないトロンボニストだったんですが、コレ、なかなか良いです!オリジナルで固めているのでチョット通好みではありますが、聴いてみると知られていないというだけで、内容はビギナーでも大丈夫です。ゆったりしたトロンボーンの響きも充分に堪能できますよ!1979年の作品。Gregory_charles_royal_dream_come_tr

  1. DANCER
  2. TRYING
  3. SPIRIT CRY
  4. CURTIS
  5. FOR YOU
  6. DREAM COME TRUE

 ワルツ調でスタートするオープニング・ナンバーの哀愁のあるメロディでいきなり、オオッ!っと思わされます。程好い緊張感と柔らかいトロンボーンの音色、テーマから力強くスウィングするピアノは何とGERI ALLEN!こんな所で何やってんだ?!と言いたくなる活きの良いアドリヴで短いのが残念なくらいだ!テナーのWARREN TAYLORは全く知らないプレイヤー、ROYALと楽器が違うけどプレイスタイルがとても似ている、丸みのある音使いでトロンボーンと何処か被る、油断してるとうっかり聴き逃してしまいます。

 キラーチューンは3曲目、少しずつダウンしてくる哀愁のテーマ・メロディが喧騒感のあるリズム隊のパワーに乗って何度も繰り返される、呪術的な魅力を放つ隠れた名曲です!コードを打楽器のように打ち付けるピアノがカッコいい!

 ゆったりとした雰囲気のスロー・バラード5曲目の何処か物悲しいトロンボーン、ポツンと取り残されてしまったかのような切なさが心に響きます。後半には歌も披露、コレは飽くまで余芸ですが、雰囲気を壊さず良いアクセントになっていると思います。

 本作のリリースはいつも何かやらかしてくれるCELESTE、毎回よくもまぁ、ネタを見つけてくれる事、感心しちゃいますね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

LARS LYSTEDT SEXTET 「JAZZ UNDER THE MIDNIGHT SUN」

 久しぶりに妻と横浜ぶらり散歩。実は今ちょびっとだけ休みを頂いて夏休み中。本当は海外に脱出するつもりだったんですが、行動が遅れてしまって何処にも行けず、ボーっとした日々、それはそれで体を休めることができるので悪くないです。まだ右胸がちょっと痛いしね、でも来年はもっとうまくやろう、、、20080810_2_012

 二人でみなとみらいを歩くのはホントに久しぶり、なかなか時間が合いませんからねぇ。カメラで遊びながらワールド・ポーターズでお高いケトルとお安い食器を購入、今まで使っていたヤカンは焦げ付いてどんなに擦っても落ちないし、耐熱プラスティックの部分も流石に耐え切れずに随分変形してしまったので前から、欲しいねぇ、と言っていました。醤油皿も欠けている物ばかりだし、どんぶりは小さめのものしかなく標準サイズが欲しかったので買いました。後は先日うっかり割ってしまった大皿とテフロン加工の効果が何も無くなったフライパンについて、何らかの措置を取らねばならんね、と言う話になりましたが、今回はペンディング。Photo

 赤レンガをぬけて山下公園の横をプラプラ、目指すは中華街、緑が綺麗です。20080810_031

 ちょうどボツ、、、ボツ、と雨が降ってきたところでお馴染みの同發に到着。ヒヒヒ、、、大好物のカニのあんかけが美味い鶏の唐揚げ、えび焼きソバ、チャーハンを堪能、これまた久しぶり、ウ、ウマイ!20080810_2_023 20080810_2_024

 今日のテーマは久しぶりという事らしい。では久しぶりにLARS LYSTEDT SEXTET 「JAZZ UNDER THE MIDNIGHT SUN」を聴いちゃおう。1964年、スウェーデンの傑作です!骨太でリリカルな雰囲気が堪らなく良いですぞ!クールなアンサンブルとゴツゴツとした硬質なアルトとテナー、LARS LYSTEDTはトロンボーンで裏を支える控えめな演奏ながら印象に残る存在感、澤野工房で大ブレイクしたBERNDT EGERBLADHの若き日の演奏はこんなにモーダルだったのか、というところも本作の醍醐味です。Lars_lystedt_sextet_jazz_under_the_

  1. BOTHNIA (BERNDT EGERBLADH)
  2. WOODOO (BERNDT EGERBLADH)
  3. THE HAMMOCK (BERNDT EGERBLADH)
  4. COOK IT (BERNDT EGERBLADH)
  5. SAREK (BERNDT EGERBLADH)
  6. THE RUNNER (BERNDT EGERBLADH)
  7. FANFAR take 1 (BERNDT EGERBLADH)
  8. KRYPTO (BERNDT EGERBLADH)
  9. ONE FOR JOAN (CHARLES LLOYD)
  10. FANFAR take 2 (BERNDT EGERBLADH)
  11. THE RUNNER take 2 (BERNDT EGERBLADH)

 先ずは1曲目でしょう!静寂の中から湧き上がる青白い炎が目に浮かぶ名演です!ゆったりとしたテーマ・メロディからジワジワ盛り上がる3曲目もダンディな味わい、ココでもアルトとテナーが硬質で切れのあるソロを聴かせます。ジャズ・ファンを唸らせた6曲目のストレートでスリリングな演奏は只々カッコいいと言うしかない!

 こういう空気感を感じられる作品はジャズを聴いている時の充実感もより大きいですぞ、正にハードボイルド!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SLIDE HAMPTON 「THE FABULOUS SLIDE HAMPTON QUARTET」

 カマキリのタマゴ、今のところ異常なし。少し濃い緑色になってきたかな。春が既に待ちCimg4413 遠しい。

 先日、本当に久しぶりに仕事でお世話になった、かつての上司と会って退社のご挨拶が出来ました。その方も数年前に退社されているのですが、その時の別れの宴には参加できず、ずっと心残りでしたがこれでやっと気持ちのけじめが一つついた感じ。「そうですか~、貴方も38歳になったんですか~、早いものです。」とかつての上司。まだ私が20代のペーペーの頃で納得いかなくてよく噛み付いたり、仕事の行き詰まりを相談したり。その度に根気よく聞いて下さって、アドバイスや、お叱りの言葉を下さったりと、本当にお世話になりました。酒を飲みながら、時には朝まで何ていうこともしばしば。あの頃のご指導がなければ、一体どうなっていたことか、、、今でもその教えは私にとって大切なものです。今度は再就職が決まった時にご挨拶できればと思っております。

 何でもジャズ喫茶の名盤なんだそうです。SLIDE HAMPTON 「THE Slide_hampton_the_fabulous_slide_ha FABULOUS SLIDE HAMPTON QUARTET」、1969年の作品、トロンボーンのワン・ホーンの快作!甘いところがなく、気持ちいい躍動感が炸裂するメロディアスで硬派な演奏の連続、スウィングすると言うより思わずヘッド・バンギングしてしまう熱気が堪らないです。実は昨日紹介のダスコの1曲目LAST MINUTE BLUESがここでも熱く演奏されています。作曲はテテ・モントリューともSLIDE HAMPTONともいわれていますが、本当のところはどちらだかよく判りません。どちらもガツンときますぞ!JOACHIM KUHNのピアノが自在に動き回るこの緊張感、噴き出る汗、N.H.O.PEDERSENと PHILLY JOE JONESの強力な牽引力も本作の聴き所ですね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

「THE TROMBONE INC.」

 体調に復活の兆しが見えず、体力の衰えを痛切に感じる今日この頃。何でも埼玉の方ではインフルエンザで早くも学年閉鎖が実施されたとか、今年も風邪が猛威を振るいそうですね、皆さんも気をつけましょう。にしても学年閉鎖は早すぎでないの!?この間まで猛暑だったのに。

 体調のことも考えて、昨日はちょいと手の込んだスープなんか作ってみたりして。トマト、人参、タマネギ、ニンニク等を蒸し炒めた後、スープで煮込んでミキサーに掛けるポタージュ、勿論、料理本を見ながらです。ただ何か思いつくと余計なものを入れたがるので、たまに大変なことになりますが、昨日のは我ながら上出来の味でした、ホッ、、、

 料理と言えば私の作るおかずはともかく、ごはんはウチはかなり美味い!圧力鍋で炊いてますが炊飯器とは大違い、粒がピカピカで香り良し!最新の炊飯器をついこの間買って試しに炊いてみましたけど、お米の粒立ちがやっぱりイマイチ、物足りないです機械では。圧力鍋は水の加減や時間を自分で微調整したりする、どれ位蒸らすとか(一応、カチャッと音がします。)、それと炊飯器に移し変える時の空気の含ませ具合(炊飯器とはふっくら感が違う。)とか、結構面白い。最高にうまくいった時は妻に褒められるくらい美味しい!たまに失敗して圧力が掛からない時があります、その時できたご飯はチャーハンにするとこれまた美味いし、作りやすい。圧力鍋があれば宜しければ、一度お試しを。

 「THE TROMBONE INC.」は総勢27名のトロンボーンの名手が参加した幻The_trombone_inc の名盤!全員が集まったわけではなく、イーストとウェストで対比しているのも聴き所の一つ、イーストはJ・J・ジョンソンがアレンジで、モダンなソロ・リレーにハードバップの香りを感じさせ、ウェストではマーティ・ペイチとウォーレン・バーカー(こちらはあまり知りません。)のスマートなアンサンブルと小気味良いソロがウェストコーストらしいクールな響きで気持ちいい!モダン・ジャズの熱気は断然イーストが好きですが、こういうアレンジものはウェストの方がお洒落でカッコいいです!ダウン・ビート誌の五つ星、内容と共に企画の勝利ですね!LONE HILL レーベルはたまに信じられない発掘をするので侮れません!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マリナーズのこと

 イチローがマリナーズでプレイするようになってから7年間、メジャーリーグを観戦するのがとても楽しい。今年は久々に強いですね、チームの雰囲気も監督が変わってから、さらに良くなって、マルティネス、ブーン、オルルドがすごかった2001年を思い出させてくれます。

 密かに応援しているのがライトのギーエン、いつもコワオモテでニヤリとするのはホームランを打った時ぐらい、ちょっと近寄り難い雰囲気ですが、勝つことに貪欲な、闘志のあるヤツという印象で、シーズン初めから注目してました。かなりのトラブルメイカーらしいですが、プレイには手を抜かない良い選手、私は番長と勝手に呼んでます。

 CURTIS FULLERJazz...It's Magic!」、久々に聴いてます。ホッとImage0002_3 一息つかせてくれるリラックスした演奏、トロンボーンが温かいですね、う~ん、ジャズの 醍醐味!18分32秒のスローメドレーの二曲目はやはりすばらしいです。そう言えば、94年以来多分CD出てないですよね、輸入盤も見かけない。どうして出さないんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|